関露水で喉を潤す山室大先生準優を制してほっと一息の山室大先生

 下関で開催されてるG1名人戦特設サイト)は齢50にして3度目の正直で名人戦初出場を果たしたSGウィナー山室展弘(岡山)が第一関門の予選を1位で通過し、第二関門の準優勝戦も1着でクリアし、最終関門の優勝戦はポールポジションの1号艇。

 現行選手持ちプロペラ制度最後のグレードレースにエースペラ能見を投入し、イン戦では西島義則(優勝戦4号艇)の乗艇姿勢を参考にしたインモンキーを節間2度決め、レース後は「あぁ!関露水」で喉を潤して次への活力としてきた初代新鋭チャンプの山室大先生が名人位に王手です。