ブログネタ
競艇 に参加中!
 池田市や管理者の富田林市など16市で構成される大阪府都市競艇組合が主催した住之江SG賞金王決定戦特設サイト)は現地観戦したクリスマスの今日が最終日。

 3日間のトライアルを勝ち上がった6名による1億円争奪バトル賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が難なく押し切り、2005年12月賞金王シリーズ戦以来となる住之江2回目・今年7回目・通算38回目の優勝
 2着には2番差しの4号艇松井繁(大阪)が入り、王者は生涯獲得賞金30億円突破。

 5月の尼崎SG笹川賞、10月の平和島SG全日本選手権に続く年間SGV3を達成した常滑市出身の池田浩二に対し、常滑市出身の皆川浩二日本モーターボート競走会会長が黄金のヘルメットを授与し、常滑のW浩二がボート界の頂点に立ちました。

 ちなみに競走会の新施策が本日正式発表され、来年度からオーナープロペラ制度が復活します。
 実施日は先行実施の浜名湖が来年4月12日、他の23場が来年4月27日以降を初日とする開催で、SGでは5月に浜名湖で開催される笹川賞が最初になります。
賞金王決定戦表彰式



賞金王シリーズ戦優勝戦

 セミファイナルの賞金王シリーズ戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司が11トップスタートの速攻を決めて3号艇服部幸男のつけまいを受け止めきり、今年3回目・住之江2回目・通算41回目の優勝にして2005年6月G1丸亀モーターボート大賞以来となる2つ目の記念タイトルを獲得。
 そして、初SGという事でレース後には水神祭が行われました。

 後続は2番手の服部先生が捲り差しで迫る5号艇吉田俊彦を2M行かせて捌き2着。
賞金王シリーズ戦表彰式



高橋淳美トークショー】

 今日の住之江公開FMアクアライブステーション選手ふれあいコーナーは高橋淳美が出演し、初期の賞金王決定戦で開催のお手伝いをした話や東日本大震災の話などが出ました。

 ちなみに今日は職場の友人三国さん(仮名)と指定席で観戦しましたが、久しぶりの人や初めましての人と沢山会うことが出来ました。
 そして、夜は臨時営業してた十三の居酒屋ドマーニに5人で行ってきました。
 本日お会いした皆さん、ありがとうございました。
高橋淳美トークショー1高橋淳美トークショー2



鳴門ありがとう2011カップ競走優勝戦

 岸本恵子アナが実況するBOATRACEうずまきNARUTOの優勝戦は枠なり3vs3の進入から5号艇岸本雄貴が05トップスタートを決めて捲りきり、鳴門初出場にしてデビュー初Vを飾った9月の前回当地日本財団会長杯競走に続く鳴門2回目・今年3回目・通算3回目の優勝

 後続は1号艇仲口博崇が6号艇鈴木茂高の捲り差しを内でこらえきって2番手を航走し、2Mで内に切り返してきた鈴木と差し順走から押っつけてきた2号艇高沖健太を行かせて捌き2着。

徳山スポーツニッポン杯2011グランプリファイナル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松田祐季が04トップスタートの速攻を決め、今年2回目・徳山初・通算8回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇真庭明志が2番手、差し順走の2号艇徳増秀樹が3番手でしたが、2M真庭のターンが流れた間隙を突いて秀樹が小回りで追いつき、2周1M先行で逆転2着。