ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走のモーターは1992年からヤマト発動機のヤマト300シリーズを使用しており、現行は標準型のヤマト302型(宮島競艇フリークスのモーター解説)と減音型のヤマト301型(尼崎HPの特集ページ)を使用してますが、今年4月の段階で4場残っていた標準型モーターの場は5月に尼崎、6月に江戸川、7月に唐津(従来は唯一の電波障害対策仕様ヤマト304型)が減音型に替わり、最後に残った宮島も遂に次節から減音型モーターに。

 ということで今節G3新鋭リーグ第14戦厳島昇龍決戦は長い間使われてきたヤマト302型モーター最後の開催に。
 宮島は今年度の新鋭王座開催地という事でも注目の開催なので、今日は明日の標準型モーター使い納めレースを前に3つの準優勝戦が行われたので、そのダイジェストを紹介します。

 1つ目の準優10Rはステート展示の枠なりから本番124/536の進入になり、13とスタート後手を踏んだ1号艇山口裕太(広島95期4316)を2号艇西野翔太(広島95期4302)が捲りきりますが、
 「際どいスタートがありました…。早いスタートがありました。(動画
 ということで先頭の西野は+02のフライングに。
 これにより先頭は差した4号艇永田啓二(福岡94期4288)に替わりますが、永田がF艇を避けて外へ持ち出した間に6号艇船岡洋一郎(広島98期4398)の2番差しが届き、2Mは船岡が先行。
 しかし船岡のターンは流れ、永田と1M捲り差しで3番手だった5号艇藤岡俊介(兵庫94期4278)の差しが入り、HSは94期コンビの2艇併走に。
 2周1Mは内の藤岡と外の永田でラップターンになり、一度は捲った永田が優位に立つも内伸び返した藤岡が2周2Mを先行。
 しかしここで永田の差しが決まり、形勢逆転した永田が3周1Mを先行して藤岡を突き放し、標準型モーターのエキゾーストノートを轟かせた先頭争いを制して1着。2着の藤岡と合わせて94期コンビが優出を決めました。

 2つ目の準優11Rは枠なり3vs3の進入から4号艇池永太(福岡97期4364)が01トップスタートから絞り捲りを決め1着でゴールイン。
 捲られた1号艇水摩敦(福岡99期4413)も内でこらえきって2着でゴールインし、ここは福岡ワンツー。

 最後の準優12Rは枠なりオールスローの進入からシリーズリーダーの1号艇麻生慎介(広島94期4292)がしっかり押し切り1着でゴールイン。
 差し順走の2号艇佐藤旭(静岡94期4273)が2着でゴールインして、10Rに続いて94期ワンツーに。


 標準型モーター最後のレースになる優勝戦の枠番です。

1:麻生慎介 2:永田啓二 3:池永太 4:水摩敦 5:佐藤旭 6:藤岡俊介

 宮島2節連続出場の地元麻生は初日昇龍ドリーム6号艇で1263/45の3コースから31スタートで内の2艇よりかなり遅いスタートながら強つけまいで捲りきった強気なレースと強力足が武器。
 モーターは偶然にも前節スポーツニッポン杯と同じ15号機ですが、連続使用で15号機を手の内に入れたのもあるか(42631234333)の節間成績だった前節から一変して今節は(312112311)の好成績です。

 対抗になりそうなのは宮島初出場ながら今節(211312212)とオール3連対で予選2位の活躍を見せた水摩でしょう。
 スロー戦よりダッシュ戦を得意にする選手なだけに準優1着で2号艇になるよりも勝機が上がったと思います。

津日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 10月6日からの宮島九スポ杯争奪ヘビー級王決定戦に斡旋が入ったMr.ホルモン矢橋成介支部長率いる日本モーターボート選手会三重支部が所属する津ボートのMB選手会長賞。

 優勝戦のスタート展示は枠なりでしたが本番では3号艇白水勝也がスーパーピット離れで1号艇烏野賢太からインを奪って312/456の進入に。
 そして白水は前付け深インながらびしっと09トップスタートを決め、4号艇國崎良春の攻めをブロックしての速攻で押し切り、しろうずうずわくわくBR鳴門のグレートレーサーを負かして通算32回目の優勝

 後続は5号艇西川新太郎と6号艇枝尾賢の捲り差しが続き、BS内側にいた枝尾が西川に舳先をぶつけて2Mを先行。
 しかし枝尾は2M手前で切り返してきた國崎を包んだ分流れ、2艇を行かせた西川がHS枝尾に舳先をぶつけて同体に。
 2周1Mは外全速の枝尾が内の西川を一度は捲りきりますが、BS伸び返した西川が再度枝尾に並び、2周2Mを内から先行して枝尾の差しを振りきり、艇をぶつけ合った2着争いは西川に軍配。

福岡日刊スポーツ杯争奪戦優勝戦

 スタート展示は216345でしたが本番では1号艇出畑孝典(広島在住福岡支部)が枠を主張して126/345の進入に。
 そしてデバッチが6号艇片山友多加の攻めをブロックし、3号艇近藤稔也の差しも振り切り、福岡3回目・通算13回目の優勝は前走地日刊スポーツ杯争奪お盆特選競走に続く今年V2で福岡県内の日刊スポーツ杯連続V。
 近藤は2000年5月鳴門一般競走以来の優勝を狙って2M内から艇を伸ばすもかわされて流れてしまい、1M順走で3番手だった2号艇萩原秀人が近藤を差し返し逆転2着。