ブログネタ
競艇 に参加中!
 BR江戸川の一般開催としては最高賞金の6日間ポイント制開催アサヒビールカップ(優勝賞金150万円)がいよいよ最終日。
 
 「沖縄に初めて深紅の優勝旗が渡ってから一夜が明けました今日、アルプススタンドにも負けない土手スタンドからの声援を受けながら江戸川の水面上には深紅の優勝旗ではなく高額賞金150万円を受け取るために立ち上がってきましたベスト6強の登場です。(動画
 と高校野球にひっかけて始まりました優勝戦は前節大江戸賞からの連続出場となる東京支部3人vs香川支部3人の対抗戦の様相を呈しましたが、レースは1号艇田上晋六が03トップスタートから先行して4号艇若林将(大江戸賞を制した関東地区スター)の捲り差しを振り切り、2005年9月浜名湖スポーツニッポン菊花杯以来となる通算V7を狙って逃げ込みを図りますが、ここで2号艇大池佑来(江戸川地元スター)の差しが届き、大池が2Mを先行。
 田上の差し返しは届かず、単独先頭に立った神奈川101期4468大池佑来は今年4月の平和島deよしもと1周年記念以来となるデビュー2度目の優出にしてデビュー初優勝達成。
 神奈川県代表東海大相模は甲子園の決勝戦で敗れましたが、神奈川県代表大池佑来は見事江戸川初優出初優勝を決めました。

 大池佑来にとって江戸川はデビュー5節目だった2008年1月の護岸工事前最終開催日本モーターボート選手会会長賞が初出場で、江戸川休止中の2008年4月に戸田日刊スポーツ杯最終日1Rでデビュー初1着。
 その後、江戸川準地元スターを経て今年7月から江戸川地元スターに指名された事もあって江戸川出場は今節が早くも11節目とすっかりおなじみの顔になったところで今回の江戸川初優出初優勝でした。
大池佑来ウイニングラン大江戸賞選手紹介時の大池佑来

 ここで優勝戦以外で起こった最終日の出来事。
 第1Rでは2号艇近藤幸男(+06)と2番差しで先頭の3号艇原田通雅(+05)と藤川利文(+01)がフライング。
 イン先行もターン流れた1号艇小川知行は00タッチスタートで生き残り、2Mで5号艇廣瀬真也を差し返して1着。

 第3Rでは2周2M4番手から外握って回った2号艇川上昇平が出口で振り込み選手責任落水。
 川上は1号艇の後半第7Rを負傷欠場し、当初斡旋で7人いたA1は事前欠場で4人になり、更に2人帰郷で最終的には優出した2名のみが残りました。

 また、第10R選抜戦では3号艇津久井拓也が3番手争い4艇接戦の2周2Mで一番外から差しを狙うも波に引っかかってもたついてしまい、出口で選手責任転覆を喫しました。
スカイツリーをバックにエクストラゴールドに輝くアサヒうんこビル


 次に、蒲郡SGモーターボート記念場外発売期間中には以下の写真の通りイベントがありますが、ここではタレントゲストを紹介します。

27日 笑連隊(コミカルレゲエグループ)
28日 石野真子(狼なんか怖くない)
28日&29日 SOLZICK(ビートアカペラグループ)
29日 鶯と燕(中国から来た双子姉妹)
29日 嶋大輔(男の勲章ライブマンレッドファルコン)

BR江戸川MB記念場外イベント案内


スーパードライエクストラコールド 最後に、今日はアサヒビールカップ最終日ということで、江戸川に行く前に2つ上にある黄金写真の通りアサヒビールの聖地吾妻橋にあるアサヒビールタワーへ行って氷点下ビールスーパードライエクストラコールドを飲んできました。
 ひとことでいうとよく冷えたスーパードライなのですが、通常の冷えたスーパードライより雑味が少なく洗練されたクリアな味に感じましたね。



多摩川ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯優勝戦

 24場のお盆開催を締めくくる一戦は大江戸賞のリベンジ的な開催になり、一方で大江戸賞には無かった高円寺阿波おどりの吹鼓連阿波勝哉も出場。

 優勝戦は5号艇海老澤泰行以外全員大江戸賞組になり、枠なり3vs3の進入から1号艇三角哲男が3号艇山田竜一の攻めをブロックして押し切り、昨年の大江戸賞以来となる通算58回目・多摩川9回目の優勝を初日9R2号艇2着以外オール1着の準完全で達成。
 後続は26とスタート遅れた2号艇角谷健吾の差しがターンミスでターンマークをかすめて是政方面に大きく流れて行き、2番手はRYUICHIと差したエビちゃんの争いになり、2M艇を伸ばして先行したエビちゃんをRYUICHIが行かせて捌き2着。

三国WEB競艇TV杯優勝戦

 枠なり4vs2の進入から捲り差した3号艇金子龍介が先頭、イン先行の1号艇立間充宏が2番手でしたが、金龍は+01、タツマッチは+02のフライング返還欠場。
 これにより、01タッチスタートからの捲り差しで続いた4号艇濱崎直矢が先頭に繰り上がりましたが、濱崎は2Mをそのまま回った金龍に押っつけるようなターンをして大きく流れてしまい、1M差しから2M普通に回った5号艇永井聖美が先頭に繰り上がって今年3回目・三国2回目・通算10回目の優勝
 Fの金龍が2M出口で振り込む(動画)中、ターン流れた濱崎は2号艇飯島誠に差を詰められますが、濱崎は2周1M→2周2Mと飯島を締めて先行してなんとか振り切り2着。

大村蛭子能収杯真夏の女王決定戦

 123/645の進入から06スタートの5号艇松瀬弘美が大捲りを敢行しますが、これを受け止めた1号艇横西奏恵がそのまま押し切り、今年2回目・大村5回目・通算38回目の優勝で蛭子杯は女子リーグ戦として開催された昨年に続く連覇。
 2番手の松瀬に対し6号艇渡辺千草の差しが迫りますが、2M→2周1Mと先に回った松瀬が2着。
蛭子能収杯真夏の女王決定戦優出メンバー