ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨日は平和島本場へ東京中日スポーツ杯最終日を見に行ってきたというのは昨日の記事の通りですが、同日は丸亀名物の一角を占める「骨付鳥 一鶴」も食べに行ってきました。
 ちなみにもう1枚の写真は平和島正門前の移動販売車で売ってた、ふねに乗ったたこ焼き。
土曜日に食べた一鶴の骨付鳥土曜日に食べたたこ焼き

 それはさておき、海の日記念SGオーシャンカップは日曜の今夜が準優勝戦。
 ナイターなので準優は9から11で、ひとつ目の準優9Rは今年の新鋭チャンプ毒島誠が1号艇。
 ブス島といえば元福井支部選手だった幸美夫人と5月に結婚式を行い、余興ではチーム女子選手によるAKB48のものまねを贈られたそうです。
 そんなブス島のSG初優出が懸かる一戦でしたが、枠なり4vs2の進入からブス島は19と決して遅くないスタートも17スタートの2号艇湯川浩司に捲られてしまいSG初優出はお預けに。
 先頭は捲った江戸川浩司と差した3号艇濱野谷憲吾の争いになり、2Mは内の濱野谷が先行。
 しかし江戸川浩司が差し返して2周1Mを先行し、湯の川浩司がサマーナイトにSG連続Vへチャレンジ。節間未勝利ながらオール3連対の濱野谷が2着優出。

 2つ目の準優10Rは142/356の進入から2.3コースが凹み、カドの3号艇辻栄蔵が15トップスタートを決めて絞り込むも16スタートの1号艇石野貴之が伸び返して先行し、強力足で捲り差しを振り切り1着。
 後続は辻栄蔵と5号艇高沖健太による捲り差し合戦になり、新エース機と名高い20号機を駆って機力上位の辻栄蔵が2M外から先行体勢でしたが、ここで4号艇木村光宏(香川)が内から一気に押っつけて2Mを先行。
 辻栄蔵は木村光宏を行かせて捌くも差しのタイミングが遅れた分高沖健太に差され、舳先掛けきった高沖健太が2周1Mを先行。
 3番手になった辻栄蔵は2周2M内から艇を伸ばして先行するも高沖健太が行かせて捌き大勢変わらずでしたが、3周1M差しにのぞみを見いだした辻栄蔵が高沖健太にBSなんとか舳先届き両者ほとんど同体に。
 そして迎えた3周2M、内から先行する辻栄蔵に対し高沖健太は差して捌こうとしますが、ここで高沖健太がなんとターンマークに激突して選手責任転覆というまさかの決着で辻栄蔵に軍配。
 尚、「今節は優勝より福井のアイドル三上陽子選手が欲しい!」という公開プロポーズが選手紹介で生まれた事でも有名な1998年の三国大会を始めオーシャンカップV3を誇る海の王者松井繁は2号艇3コース25スタートから辻ちゃんに絞られたのが響き4着敗退で大阪ワンツーなりませんでした。
 
 最後の準優11Rはスタート展示の231465から本番312/645の並びになり、1号艇今垣光太郎が3号艇西島義則を捲り、その展開に乗って捲り差しを決めた2号艇萩原秀人が1着。
 惜しくも優出ポールポジションならなかったガッキーは内で粘る郵便色のペリカンさんを2M→2周1Mと包んでかわすパッケージ戦法で福井支部W優出。

 ちなみに準優の前後だった一般戦の8R12Rが共に3連単3万円台2連単7千円台で、配当安しとは言わせぬ本日の一攫千金2大高配当レースになってます。


 優勝戦は以下の通り。

1:石野貴之 2:湯川浩司 3:萩原秀人 4:今垣光太郎 5:辻栄蔵 6:濱野谷憲吾

 aikoさまの曲で有名な三国駅のとなり十三スポーツ命名の公式ニックネーム「石野信用金庫」を頂いてからニックネーム通り本命に応える走りが続く2007年の新鋭チャンプ石野貴之(近大高野球部主将)はこれがSG初優出で、近況2節連続優勝の勢いに乗ってSG初V目前に。淀川区と福井支部の三国対決はどっちに軍配があがるか?