ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年は愛知の常滑競艇で開催の一発逆転アタックチャンスSG競艇王チャレンジカップ
 3日目まで6着2本と予選落ちのピンチで賞金王決定戦勝負駆けもピンチだった赤岩善生(愛知82期3946)は4日目に2Rの2号艇2コース差しと9Rの5号艇5コース捲り差しで連勝を決め、16位で予選通過。
 そして昨日の10R準優勝戦こそ6号艇カド受け4コースから5着だったものの、今日は5R1号艇できっちりイン逃げ決めた後、2着勝負の10R特別選抜B戦3号艇に臨みました。
 ここで赤岩は鋭発ピット離れで2号艇西島義則から2コースを奪い、09トップスタートからの早差しで1着になり、節間プレッシャーで胃が痛んだ薩摩隼人は一発逆転で賞金王決定戦乗艇決定。


 優勝戦は2号艇大嶋一也(愛知)があっと驚くイン取りを成功させますが、その際に大嶋と接触してターンマークにぶつかった1号艇原田幸哉(愛知)は勢いで転舵(待機行動違反)したのが逆に幸いして楽な起こしの2コースになり、最終隊形は2/13/456。
 そして大嶋を差しきった原田は4号艇池田浩二(愛知)に差されたものの2M差し返しに成功し、8月の名鉄杯争奪納涼お盆レースからの常滑連覇は通算46回目にして2004年6月浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦以来となるSG3回目の優勝
 ただ、個人的には江戸川でもコース動いた大嶋一也に優勝してもらって賞金王決定戦を進入で沸かせてもらいたかったですね。ちなみに舟券は予告通り原田から。

 以上の様に、愛知の赤岩と原田が賞金王決定戦勝負駆けに成功したわけですが、今日の自分はボートピア習志野上瀧和則のトークショーを見に行ってました。ということでヒゲダンディKAZUYA.Oの前付けは習志野の3Fあかねビジョンで観戦。上瀧トークショーについては、明日の記事で書く予定です。
上瀧トークショー第2部