平和島deよしもとなかやまきんに君が登場したG3企業杯キリンカップ最終日(本場入場約8300人売上5億5825万3700円)ですが、キリン製品飲み過ぎによる二日酔いの体調不良で出遅れて見に行けなかったのかい!となかやまふうぞ君mixi日記の一押し)のネタをパクってみたのかい!
 ということで東京ダービーG1トーキョー・ベイ・カップと並ぶ平和島3大名物レースと個人的に思っているキリンカップの最終日は結局終盤の賞典レースから現地参戦。

 今日は体調不良の中「アッコにおまかせ!」を見ながら昨日のブログも清書してたのですが、10R選抜戦では2号艇峰竜太が3コースから捲るも出口で転覆するアクシデント。
 続く11R選抜戦は2コース差しの2号艇後藤浩とイン戦の1号艇川口貴久による川口浩ワンツー。

 以上の選抜戦を経て迎えた優勝戦。「キリンビールのラベルの麒麟の絵の中にはカタカナでキリンの3文字が隠されております。同じく平和島の出走表には実は毎日優勝する選手の名前が隠されております。第22回キリンカップ優勝戦の開始です。
 さあ対戦6選手、1号艇・人気の中心三角哲男。信じていた碧いうさぎは逃げ失敗も俺が逃げ切りますと1号艇三角であります。平和島4連覇を懸けます。
 2号艇白水勝也。名水でうまくなるのがキリンの焼酎白水ならば、海水でうまく捌くのがこの男白水勝也であります。2番人気。
 3号艇神奈川渡邉睦広。そして4号艇東京長岡茂一。昨日はまさかの前付け勝負駆け。勝ちたい気持ちを込めて魂の走りを見せます4号艇の長岡。平和島区切りの200勝はVへの道であります。5号艇静岡の伊達正利、そして6号艇山口の胡本悟志。以上6選手の対戦。(動画

 以上のメンバーで争われた優勝戦は枠なり3vs3の進入から平和島哲男がホンキをだして10トップスタートをぶちこむ速攻で渡邉睦広のつけまいを全く問題にしないアクティブハートで押し切り、平和島4連覇となるV12にして今年V6となる通算56回目の優勝。前回平和島レディースカップでの使用者大澤真菜が節間5勝を挙げたモンスターエンジン62号機を駆り、回った後の出足が抜群と評した通りの足で大きなリードを取る圧勝でしたとお伝えしておきます。
 2番手は2番差しのモイチが差し順走のキリン白水を捕らえて優位に進めますが、2周1Mでモイチと伊達を行かせたキリン白水が差を詰め、2周2Mでは内押っつけにかかるキリン白水をモイチターンで包み込み2番手死守。しかし3周1M内小回りでモイチの懐に潜り込んだキリン白水が遂にモイチと並び大勢逆転。ですが3周2M、先行するキリン白水に対し昨日44歳の誕生日を迎えたモイチがメイチの差しで2番手を奪い返しベイパワンツー完成とお伝えしておきます。
キリンカップ2009のウイニングランっス

 下戸の平和島哲男が一番搾りを獲得した表彰式(動画)にはキリンジョッキーズと共に司会の吉本靖アナも壇上に上がったでしかし。平和島deよしもとは見られなかったけどしかし、平和島deよしもとやすしは最後に見る事が出来たでしかし。
平和島deよしもとやすしキリンジョッキーズと記念撮影っスキリンカップ2009のインタビューっス

 レースの後は昨日に続いて大森の牛小屋キリンラガービールの瓶ビールとキリン白水を飲んできたですが、今夜はその後、牛小屋の近くに出来た味噌ラーメン専門店黄龍虎にも行ってみました。料理天国黄龍虎で今回食べたのは銅鑼黄龍もとい信州赤味噌を使用した担々麺の赤黄龍です。

徳山デイリースポーツ杯S-1グランプリ優勝戦

 タイトルのS-1が意味するもの。それは「Skill」。つまり、No.1の技術を持ったレーサーは誰なのかを、5日間で決めようというS-1グランプリは16/2/345の進入からチルト+2度に跳ね上げた5号艇柳瀬興志山口支部長が+02のフライングに散ってしまい、02スタートから先捲りの4号艇浦田信義と二段捲りの3661さんを1号艇今村暢孝が張りに行き、その展開を突いた3号艇宮迫暢彦大阪支部長が捲り差しで先頭に。
 かくして雨上がりの徳山で宮迫大阪支部長はS-2聖飢魔が「THE ULTIMATE BLACK MASS THE DOOMSDAY」で一旦活動を締めくくった日である1999年大晦日の住之江GSS競走以来となる通算3回目の優勝。2000年代に入ってからずっと続いていた優勝戦連敗は53でようやく止まりました。
 2番手の今村暢孝は2Mで振り込んで責任転覆を喫してしまい、23スタートから1M小回りで3番手の2号艇山室展弘が2Mも小回りで今村暢孝の内をすり抜けて2着と、6月14日多摩川競艇バースデイカップ以来斡旋辞退で休んでいた山室大先生は復帰早々優出2着。


芦屋東映映画「火天の城」杯争奪戦優勝戦

 9月12日から全国ロードショー予定の東映映画「火天の城」。西田敏行演ずる大工岡部又右衛門が主役の映画は本能寺の変と共に焼失する安土城の築城をテーマにした一大絵巻。
 そんな映画のタイトル戦は2007年3月に福岡映画「ゴーストライダー」杯優勝の実績を持つ吉村正明が1号艇で芦屋3連覇に王手を掛けましたが、126/453の進入からまちゃあき海賊団長は05スタートから1M先行するも、6号艇金子順一の00タッチスタートという際どいスタート攻勢を意識し過ぎたか大きく流れてしまい鉄壁のはずだったイン戦は落城。
 捲り差しで先頭に立った金子は2003年9月福岡一般競走以来となる通算5回目の優勝。小回りの2号艇西村秀樹が2着で、イン戦落城して映画杯V2と芦屋V3を逃したまちゃあき海賊団長は3着でした。

下関ビバックス杯争奪戦優勝戦

 キリンビバレッジ系列の自販機ベンダービバックスのタイトル戦は3日目6R4号艇2着以外全て1着の1号艇新良一規(今節選手代表)が枠なり3vs3のインから2号艇岡谷健吾による1Mと2Mの差しを振り切り、1996年蒲郡SGモーターボート記念優勝の実績が光る新良一規は下関8回目にして2006年1月福岡飛梅賞以来となる通算39回目の優勝
 デビュー11度目の優出で初V狙った岡谷健吾は1M差し届かずの2番手から、2番差しの3号艇東健介を2M先に行かせての差しで新良カンパニーにも飛び込もうとしますが届かずの2着。

三国はづき第2戦優勝戦

 はづき第2戦、戦いはいよいよフィナーレ。優勝戦第12Rを迎えています。この最後の最後のステージで一番の輝きを見せるのはやっぱりダントツ人気1号艇赤岩善生となるか。
 優勝戦第12Rインから123/456の順です。スタートしました。インから逃げの体勢作る赤岩に対し、11トップスタートの2号艇鈴木勝博が立ちはだかる岩を前にデビュー初V目指そうと差しきり狙いますが届かず、愛知ワンツー体勢の先頭は赤岩。
 「1号艇、ダントツの人気を背負う赤岩。堅いわ強いわ凄いわ速いわの今年はV4。通算では39度目の優勝。三国は2度目のVゴール目指して最終マークをトップでクリアー。(動画
 ということで赤岩は前走地津グランプリシリーズ第3戦(完全V)に続く2節連続今年4回目にして通算39回目となる優勝のゴールイン。

蒲郡サマーグランプリ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芹澤克彦が1M→2Mと先行して4号艇表憲一のつけまいを振り切り、2周2Mでは表に差されそうになるも再度振り切り、まるで月9ドラマの恋のような感動の初V(動画)だった2007年11月の当地蒲郡ボートキング決定戦以来となる通算2回目の優勝