多摩川やよい杯ことSG総理大臣杯は総理が来場しませんでした(表彰式動画)が、オール東京支部の多摩川さつき杯最終日には、なんとザ・ニュースペーパーから麻生太郎現首相と小泉純一郎元首相が来場。2人の演説会は職場の競艇仲間三国さん(仮名)と見まして大爆笑させてもらいました。
 ちなみに演説会は9R発売中と10R特別選抜B戦発売中にありましたが、9Rでは平山信一アナに「東京支部の大ベテラン5人にぴちぴちの21歳です。(動画」と実況された2号艇内堀学(102期4496)が6コースから10トップスタート決めてとれとれぴちぴちの大捲りを成功させて21歳のぴちぴちぶりを見せております。
麻生現首相の演説小泉元首相の演説タマガヮオー!

 ということで、歴代首相から総理杯が授与される優勝戦は並び枠なり、進入隊形は3vs3、内から123そして456です。オレンジの針が動き始めました。スタートまで残り5秒を切ります。さあ行こう優勝戦12Rスタートしました!
 予選1位だった4号艇山本英志が08トップスタート決めて一気に捲りを打ちますが、ターンが膨れた分5号艇田中豪の捲り差しが入り、先頭は田中豪。
 田中に対し、3コースで山本に真っ先に絞られながらも立て直した3号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が2号艇熊谷直樹(北海道在住東京支部)と1号艇角谷健吾の間を割る旋回で追いかけ、2Mの差しで一気に田中豪との差を詰めますが、これを振り切った田中豪が通算36回目・多摩川4回目の優勝
 歴代首相から表彰状と総理杯を授与された表彰式(動画)では「はい、もう、びっくりしました。はい。そうですね、まさか来てると思わなかったんで、はい。」とさつき杯が総理杯になった事にびっくりした様子の田中豪でした。そんな田中豪は同じTBP(多摩川BPクラブ)の長岡茂一と共に平和島競艇場で6日に行われるTBP(トーキョーベイパイレーツ)シーズン2お披露目イベントに出演します。
 びっくりといえば話変わって、今日は行きも帰りも府中駅を使ったのですが、大國魂神社のくらやみ祭期間中ということで府中駅周辺はたいへん人が多かったですね。ちなみに今日食べたのは府中駅近くに出来た麺創研 かなで。とっても上品な支那そばでした。
表彰状を読む麻生現首相総理杯を授与する小泉元首相総理杯を抱えて歴代首相と記念撮影

 最後に、2009年度の蒲郡競艇広告を紹介。「ザ・ニュースペーパー競艇劇場」と銘打たれた広告にはバラック・オバマ大統領が出演してます。
Yes, We can enjoy GAMAGORI!


若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走優勝戦

 待機行動実施細則一部改正適用前ルールとしては最後のレースになった若松パイナップルナイターのゴールデンウィーク開催ファイナルは2号艇吉田弘文が早々と艇を向けイン取りの構えを見せたのに対し1号艇岡崎恭裕も枠を主張して艇を入れ、旧ルール最後の一戦は12/3/546と内2艇が非常に深い進入に。
 そして吉田が33と散々なスタートをやらかしたのに対し、たっぷり助走距離を取った3号艇山一鉄也(今節選手代表)が15トップスタートを決め、16スタートながら壁無しの岡崎には苦しい展開となりましたが、初日1走目8R5号艇4着以外は全て1着で8連勝の岡崎は伸び返し、体を大きく傾けた華麗なるインモンキーで逃げ切り、優出メンバー中唯一の新鋭リーグ世代である94期4296岡崎恭裕22歳は通算8回目・若松は2月のBOATBoyCUP以来3回目にして、その若松以来となる今年2回目の優勝
 後続ですが、捲り差しの山一は吉田に抵抗された分流れ、鋭く差してきた優出紅一点の4号艇海野ゆかり(広島)が優出メンバー中唯一の遠征選手ながら堂々2着。ちなみに岡崎とうんのゆかりによるB2選手同士の優勝戦ワンツーは1996年以降初めてという非常に珍しい事例です。


 ところで、本日の若松競艇場はのお笑いライブがあったとのこと。重量級ギャグが持ち味の響はJLCでおなじみお先にどうぞと同じSMA(旧社名CSA)所属のお笑いコンビです。
 ちなみにSMAといえば看板バンドのUNICORNが有名ですが、メンバーの阿部義晴が作詞作曲した社歌も有名ですね。

CSA改めSMA
Ah つわものどもに愛されて35年♪
東京都渋谷区神宮前!3丁目1番30号!
コンセプト青山ビル6階!
東京(03)-5414-7318!
SMA!SMA!SMA!