ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
 10日の日曜日と15日の金曜日の2回、2カ所のPOGドラフト会議を終えて自分の2007年度指名馬が決定したのでここに発表。

日曜の部
スパークキャンドル
オメガファルコン
アイアムジュエル
ムービーハウス
エフティアクトレス
ニシノイノーマス
ユキチャン
セイウンウィル
ダイワマスタング
ビーボタンダッシュ

金曜の部
サトノフタバ
ダノンインスパイア
アイアムジュエル
スピーディセイコー
オメガファルコン
ユキチャン
リュートフルシティ
コスモビット
アドマイヤグッド
キクジロウ

 どちらも関東馬限定、週刊競馬ブック第1回名簿登録馬からの指名です。両方で指名したのは奥平雅士厩舎の2頭と白毛のゆきちゃんですね。

 ちなみに今回1位で獲らず、結果1位で獲られた馬の中では102年ぶりに牝馬でG1ベルモントステークスYouTube動画)を制した歴史的名牝Rags To Richesを姉に持つカジノドライヴに注目してます。生まれ故郷の米国で兄姉に続いてベルモントパークをダイヤモンド愉快にさせる事を期待します。

尼崎日刊ゲンダイ杯優勝戦

 今時のゲンダイっ子から頼もしきナイスミドルまで勝ち上がって参りました六強は、まさに多士済々であります。やる気まんまんそれいけ大将尼崎競艇日刊ゲンダイ杯。いよいよ12R優勝戦を迎えます。7月からは晴れてA1昇格であります。晴れて尼崎地区スターも卒業でありますが、卒業前にやり残したことがひとつだけあるんです。それがデビュー初優勝。当地3月G3新鋭リーグ戦プリンスロードでインから差しきられたあの悔しさは忘れてはいません。今日こそ決めます逃げ切ります。94期兵庫三銃士の名にかけて1号艇小坂尚哉。しかし、経験値にものを言わせて地元初制覇に燃える銀河系の剛腕は4号艇廣瀬将亨が4カド捲り差しでインの小坂に迫ります。でも、ハイパワーに物を言わせてBS伸びた小坂が廣瀬に舳先を入れさせず2Mを先行。
逸材揃いの94期生であります。よき仲間、ライバルに恵まれましたが同期の活躍に刺激を受けました、悔しさもつのりました。心が焦って勇み足、そんなほろ苦い経験も味わいました。しかし周りはどうあれ自分を信じて飛躍を誓った2007年はまさに一途に競艇LOVE。じっくりペラと向き合ってじっくりとレースに集中してしっかり結果を残しました。そして今回デビュー3年5度目の優出大きなプレッシャーを乗り越えましての鮮やかなイン速攻2Mの全速で決まった1号艇の小坂嬉しい嬉しいデビュー初優勝、先頭1番小坂優勝のゴールインおめでとう。(動画
 かくして94期小坂尚哉が遂にデビュー初優勝であります。自分にとって小坂の印象といえば追加斡旋でやって来て優出を果たした昨夏の江戸川大江戸賞。直前の尼崎楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦では辛酸をなめていただけに、当時19歳で優出したアウェーの大江戸賞は突然の確変の感があってより強烈でした。以上でございます。

びわこG3新鋭リーグ新鋭戦優勝戦

 2009年の新鋭王座開催が決まったびわこで行われる伝統の新鋭リーグ第42回新鋭戦。インから逃げる1号艇久田敏之に2コースから2号艇宇佐見淳の差しが入り、2艇2M大競り。この展開にほくそ笑んだのは4カド差しから2Mも差した4号艇梶野学志。一気に先頭に立ったカジノが以降は快調にカジノドライヴとなり通算3度目の優勝。1M3コース捲り差し態勢から2Mカジノに続いて差した3号艇大峯豊が2着。
 優勝した89期東京支部のレッドウォーリアーズカジノは多摩川競艇HPで今月のTOKYOマル旬レーサーズで妻木下真未と共に登場。おのろけぶりを披露してます。