ブログネタ
競艇予想 に参加中!
京都G2デイリー杯2歳Sを翌日に控えまして、隣県の湖国びわこ競艇場では、オールニッポンから選抜された精鋭レーサー達が勢揃いでしたデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦優勝戦
2コース飯山晃三が02トップスタートから攻めようとしますが、そうはさせじとイン08スタート・今年6V目を狙います吉岡政浩が先マイ。
飯山は差しに切り替えますが捲り体勢からの切り替えだった分懐が開き、そこを5カド11最下位スタートの地元篠原正知がブイ際全速差しで一気に差しきり先頭に。
2Mで飯山が差してきて差を詰めましたが、篠原は並ばせずに先頭をキープし、今年初優出にして初優勝

まさとも、やったね!

これで、一昨日宮島神無月賞守田俊介、昨日蒲郡ボート大賞川北浩貴とびわこ支部3日連続優勝です!
明日の優勝戦は鳴門G1ダイヤモンドカップだけで、よしかわまつもともいますが残念なことにびわこ支部の吉川昭男松元保徳では無く兵庫支部の吉川元浩松本勝也です。
ので、びわこ支部連続優勝は3日でストップです。
でも、3日続いただけでも凄いのです。

で、3着以下の結果へ。3着は2艇に差された吉岡と4コース外マイ生方厚成の争いでして、2M先マイの吉岡が流れ、そこを生方が差して一度は生方有利な展開になりましたが、2周1Mで吉岡が生方に全速つけまいをお見舞いして3着を取りきりました。
尚、今年5V目を狙った岸本隆は大外が響いて5着、こっそり3=5裏表1点買いでした石田章央は3コース03スタートも飯山が壁になり、しかもそのまま流れて6着でした。即ち、舟券はアタマとケツ。

こんな感じで篠原の地元優勝でした優勝戦ですが、実はこの男が出ていれば間違いなく優勝だった断然シリーズリーダーの湯川浩司
昨日は驚異のごぼう抜きの6Rに、54スタートからの見事な捲られ逃げを披露した準優12Rで強さとエンターテイメントの両方を見せつけ、本来なら優勝戦断然人気になるところでしたが、チッチキチーな待機行動違反で無念の賞典除外。
そんなわけで今日は選抜にも乗れず5R9Rの乗艇でした。
5Rが3コースから軽く捲り差して1着、9Rがこれまた3コースから今度は軽く捲って1着と、共に3コースからの圧勝で連勝の鬱憤晴らし。
10戦7勝2着3回の圧倒的な成績で締めくくり、準優での待機行動違反がつくづく惜しまれる今節でした。

えーと、書き足しです。インで飛んだ吉岡政浩つながりで、びわこ競艇場HP特集企画から夢のびわこスター候補生88期柘植政浩のインタビューにリンクされています。
字はともかく、非常にいい名前ですね。とにかくマークんしときましょう。
また、松元保徳(松元茂樹厩舎)は中村有裕と共に土曜から若松G1ダイヤモンドカップに出場します。
2人そろい踏みの11Rは必見です。

江戸川夕刊フジ杯初日
91期〜93期の面々で構成されました江戸川新鋭戦の第8R
イン赤羽克也が逃げ、2コース本岡勝利が差し順走、大外握った小倉康典(前節若松西日本スポーツ杯争奪戦で初優勝)がこれに続き、4カド11トップスタートの香川友尚は本岡の張り差しが壁になり赤羽と本岡の間を割れず5番手という展開。
で、1着は赤羽か。

続く第9Rは、前半第3R(4カド差しで先頭も2周1M松村康太に差されて2着)では枠なりでした松浦努が3号艇6コースを選択。
その松浦、大外から一気に捲ってイン前野竜一に艇を並べ、2Mで前野を差して単独先頭、2周1Mで前野の差しが入って並ばれかけますが振り切り1着と、元東京支部(現岡山支部)ならではの走りを見せました。

第10Rは5号艇91期松村康太(福井)と6号艇92期松村敏(熊本)で、W松村が外枠で共演。
どちらも展開が無かったものの松村康太の方は5コース捲り差し狙いで2コース鈴木孝之は差したものの4カド長谷川充を捲ることとイン別府正幸を差すことはできず3番手も、2周1M小回りで別府(偽)を抜いて2番手に上がり2着なのに対し、大外差しの敏はそのままで5着と明暗を分けました。

江戸川選抜戸田加藤峻二杯覇者の森高一真が3コース捲り差しからイン都築正治を差して1着でした。

鳴門G1ダイヤモンドカップ準優
追加組では川上剛が2着3着と健闘しましたが、7Rでは来期A1昇級確定の山崎哲司が大外08トップスタートからの捲り差しで1着となり、G1水神祭を挙げました。

では本題の準優。まず四国地区絶対王者瀬尾達也が1号艇の準優10R
イン17トップスタートの王者瀬尾がきっちり逃げ、3コース吉川元浩のツケマイも全く届かず圧勝で1着。今年の当地G1完全制覇に王手を掛けました。
2着は吉川で、3着は4コース差しの丸尾義孝君です。

準優11Rは準地元の兵庫支部、しかも母の実家が徳島県とまさに地元も同然の兵庫支部人気No.1松本勝也が気迫のイン戦で1着、準ホームプールで記念18回目の優出にして初の記念制覇を狙います(多分無理)。
2着はBS2コース順走山本浩次&3コース外マイ倉谷和信&4カド捲り差し林美憲で3艇併走でしたが、2Mで先マイ山本浩次と差した林の2人に絞られ、2周1M内を回った地元の林が山本浩次を引き波にはめて抜け出し優出成功。

準優12Rは4号艇の濱村芳宏が前付けで2コースに入り142/356の進入となり、内2艇が深い進入に。
その2艇を3コース太田和美が捲って行きましたが、その和美ちゃんが作った展開に乗じて4カド濱野谷憲吾が捲り差し。
濱野谷が1着、和美ちゃんが2着で勝った濱野谷は優勝戦1号艇です。
これで濱野谷憲尚出走のJ・G3東京オータムジャンプと鳴門G1DCで兄弟同日優勝の可能性が出て参りました。
その東京オータムジャンプ、キルトクールはテイエムコンバットです。◎はもちろん濱野谷。
ついでに鳴門G1DCのキルトクールは和美ちゃん。◎は濱野谷、ではなく王者瀬尾。

芦屋チャレンジカップ優勝戦
イン室田泰史が12トップスタートからすんなり逃げて優勝
2&3&4コースが3艇1Mで喧嘩する勝ち負け度外視のおまぬな展開になった為、5カド榊原直樹がすんなり差せて楽に2着となりました。
3着も勿論外枠で吉田徳夫が入りました。
まあ、どちらにしても芦屋SG競艇王チャレンジカップには誰も出られ無さそうです。

大村マクール杯初日
競艇iマクール(回り足iアプリ超オススメ)でのファン投票(総投票数24936票)により選抜されました12Rマクール選抜
ファン投票2位の5号艇4カド中野次郎が捲りきって先頭に立ちましたが、2コース差しで2番手にいましたファン投票3位の小畑実成が2Mで中野が流れたところを差して逆転、1着となりました。
ファン投票6位の1号艇小川晃司は、勿論大外発進。そこからの捲り差しでBS小畑の内にいましたが、2Mは外の小畑に先に回られまして3着に終わりました。
尚、ファン投票1位の加藤峻二御大は2号艇インから中野に捲られた後流れて、4着に終わりました。

ちなみに自分が入れたファン投票メンバーと大体一緒でしたが唯一入れなかった史上最弱SG王小畑が勝ってしまいました。自分が入れたのはファン投票8位の大西英一でした。

デイリー馬三郎キルトクール
POGライフに強い味方の「ぼく馬メール」が届けられるデイリー馬三郎。
そんなデイリー杯ですが、松元保徳擁する松元茂樹厩舎のトーヨースルーオが出走するデイリー杯2歳Sをキルトクールです。
キルトクールはそのトーヨースルーオではなく1番人気濃厚なマルカシェンク
翌日の京都G1秋華賞と同じ騎手&厩舎ですが、新馬戦が2000mなのに今回1600mに出走。
ペースの違いに戸惑う可能性があり、また調教もバタバタだったので状態面も疑問。
よってヒモガバチョ覚悟のキルトクール。
◎は松元茂樹のトーヨースルーオではなく、素質断然ダイアモンドヘッドです。調教の動きもバッチリで、新馬戦も時計はともかく負かした相手はハイレベル。
はっきりいってG1級の馬で、マルカシェンクなんかとはモノが違うと見てます。
それに当日は鳴門と若松のダイヤモンドカップが同時開催中というのもなんか心強いですね。