【前半の部=予想編】

G1東京優駿日本ダービーのキルトクールは、前日売り5番人気のブレーヴハート
前走東京G2青葉賞では3着だったが、 その割に陣営は強気
基本的に1強レースの時は「強気に勝ちにいく馬はいらない」傾向がある。
過去に青葉賞組から本番で連対した馬が1着馬限定というのも消し材料だ。

◎は、Deep Impact! ver.3さんと同名のあの馬以外に打つ愚挙はしない。
相手は基本的に人気薄だ。「同厩2頭出しは人気薄を買え」の法則通り、人気ブレーヴハートと同厩のシャドウゲイト&人気ローゼンクロイツと同厩のペールギュント&人気ダンツキッチョウと同厩コンゴウリキシオーは買いたいところだ。

ということで、レースの注目はあの馬がどんな勝ち方で二冠達成するか&ヒモにどの人気薄を連れてくるかだ。
ちなみに2番人気インティライミと4番人気ローゼンクロイツは人気に成りすぎなので3着までにしか来ません。よって2連勝式では買う必要ありません。

尚、常滑SG笹川賞の予想はK-BATTLE笹川賞だよ良一くん、回収ガチンコ勝負のコメント欄でしてます。

今週も「極上の斬れを見せてくれ!〜競馬道GT3争奪〜春の天下一キルトクール武道会」が開催されます。G1東京優駿日本ダービーの危険な人気馬をキルトクールして賞品を手に入れましょう。

エントリーはここをクリックです。
天下一キルトクール武道会(リンクバナー)



【後半の部=笹川ダービー編】

常滑SG笹川賞優勝戦
笹川賞優勝者と準優勝者準地元の6号艇、元愛知県民の三嶌誠司が4コースに入り、1236/45進入となったレースはその三嶌が26と1艇凹み、5カド濱野谷憲吾が捲りを打つが、イン植木通彦にブロックされたので捲り差しに切り替え。
植木は濱野谷をブロックしてイン逃げ成功。そして濱野谷の内を大外今垣光太郎が捲り差していて、今垣が2番手に。3周1M一旦今垣に追いついた濱野谷だったが、3周2M濱野谷のツケマイ流れて勝負あり。
舟券は3連単149と194の2本立てで、154の方が145より高かったので濱野谷が逆転しそうになった時はちょっと焦った。
(ちなみに濱野谷の3着付け流しは東京競馬場から多摩川競艇場への移動中に思いついた)
後方3艇が1M佐々木康幸(4着)の振込詐欺で煽り食って舟券から脱落したこともあり、結局ファン投票上位のdreamメンバー3人で上位を独占した優勝戦、優勝した艇王植木通彦は、これが記念すべきSG10勝目となった。
好不調の波が激しい事で定評のある植木だが、プロペラ性能格差の詰まった新プロペラ制度は艇王植木には吉と出たようだ。
そういえば、自分がK-BATTLE笹川賞だよ良一くん、回収ガチンコ勝負で優勝しちゃいました。ありがとうございます。

競馬に絶対はある!ダービー結果
故障以外に負ける要素が皆無だったダイヤモンド級の堅い◎は道中後方、4角手前で捲り気味に進出し、直線は大外から伸びて、最後は最内粘る2番人気の無印インティライミを5馬身突き放すディープインパクトな圧勝で、5戦5勝、無敗の二冠馬に輝いた。

しかし、他馬との圧倒的な能力差から当然元返しと思われた単勝・複勝はなんと1.1倍もついた。
複勝買ってその複勝が1.0倍か1.1倍かを見守るのは実にスリリングだな、と。
複勝といえば、ダービーは10Rで、本来のメインである11Rは最終の秋川特別だった。
その5番だったオートゼウスの複勝を確信犯で誤購入。
果たしてダービーと連動するのか注目してたら、6番人気ながら3着に見事入って4.2倍の複勝を提供してくれた。

ダービーの話題に戻って、鞍上の武豊には今期100勝目(史上最速)というおまけがついた。
また、5番人気のキルトクール馬ブレーヴハートは直線伸びず道中の位置と大して変わらず9着に沈んだ、目出度い。
また、不名誉なG1東京劣駿日本ブービーは、3頭がハナ差の大接戦で、競り勝っても競り負けてもいけないシビアな勝負をコスモオースティンが制し、栄えある?日本ブービー馬に輝いた。

名古屋めし日記
府中行く前に東銀座のみそかつ矢場とん東京銀座店でロースとんかつ定食を頂きました。
で、帰り道はTUBE国際空港セントレアにも出店している若鯱家イトーヨーカドー木場店のカレーうどんチーズ揚げもち入りでした。