ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

G1浜名湖賞開設63周年記念静岡県知事杯争奪戦

 開設63周年記念静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞優勝戦がんばれゆっこ♪誕生記念レース!!特設サイト)は05トップスタートの2号艇菊地孝平(静岡支部82期3960)が俊敏な早差しを決めて先頭に立った一方、2M差し返しを狙った1号艇坪井康晴(静岡支部82期3959)は6号艇重成一人に突進されて最後方に下がり、先頭独走になった菊地孝平は浜名湖14回目・G1V10となる通算50回目の優勝

ボートレース平和島劇場開設7周年記念優勝戦

 14/2356の進入から02トップスタートの1号艇中島孝平が4号艇西島義則の差しと道中の追い上げを振り切り、中島孝平は平和島4回目・通算49回目の優勝

蒲郡超速レーサー集結!スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上聡介(愛知支部)が3号艇吉島祥之(愛知支部)の捲り差しを振り切って先頭に立ち、2M再度差してきた吉島祥之を2周1M手前でなんとか締め切って先頭キープ。
 一方、吉島祥之は深追いした分2周1Mマイシロなくして2号艇新田智彰に並ばれ競り負け3番手に下がり、先頭独走になった川上聡介は蒲郡3回目・昨年2月三国日本財団会長杯水仙花賞以来となる通算21回目の優勝

丸亀スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が押し切り、前走地尼崎報知ローズカップ争奪戦に続く今年2回目・丸亀では昨年5月の前回日刊スポーツカップに続く7回目・通算98回目の優勝

【球足】多摩川と芦屋の優勝戦


多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 オールスローになった132456の進入から1M先行する1号艇原田篤志と差す3号艇江口晃生で接戦になり、2M手前で舳先ねじ込んだ江口晃生が2M内先行して流れながらも先頭に立ち、江口晃生は前走地唐津九州スポーツ杯に続く今年2回目・多摩川4回目・通算89回目の優勝
 尚、2号艇西野雄貴が1M振り込み選手責任落水。

芦屋楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大山千広(福岡支部)がスタート飛び出して先頭に立つも、判定の結果大山千広(+04)は3号艇有賀達也(+01)と共にフライング返還欠場でデビュー初Vならず。
 これにより、差して2番手にいた4号艇君島秀三が先頭に繰り上がり、芦屋では昨年9月の前回ジャパンネット銀行賞に続く2回目・通算23回目の優勝で芦屋ネット銀行賞二冠達成。

長崎ホルモン17周年特別記念レース大村真冬の王者決定戦

 大村真冬の王者決定戦優勝戦長崎ホルモン17周年特別記念レース長崎ホルモンの冠協賛レース。
 そして、枠なり3vs3の進入から1号艇中村亮太(長崎支部)が3号艇松本勝也の捲りを辛うじてこらえきり、大村8回目・通算17回目の優勝で副賞の長崎和牛詰め合わせセットと長崎ハムを獲得。

1月最後は住之江と唐津で優勝戦


住之江日本モーターボート選手会会長杯争奪2017ダイスポジャンピーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入からどっきりスタートの5号艇奈須啓太が捲り差しを決めて先頭に立ちスタート判定も00タッチスタートでクリアして、2M1号艇前田将太の差し返しも振り切って住之江初・昨年4月戸田日本モーターボート選手会会長賞以来となる通算6回目の優勝
 前田将太が2着で福岡支部ワンツー。

唐津G3オールレディースRKBラジオ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇海野ゆかりが差しを決めて先頭に立ち、2M1号艇大瀧明日香の差し返しを振り切って唐津初・通算49回目の優勝

G1戸田プリムローズ開設60周年記念

 開設60周年記念G1戸田プリムローズ優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇桐生順平が05トップスタートの速攻を決めて、戸田9回目・G1V5となる通算27回目の優勝
祝い還暦!あずきカンゲキ!


常滑招き猫ストリート杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの4号艇下條雄太郎がカド捲りを決めて先頭に立ち、常滑初・通算11回目の優勝

鳴門6地区対抗バトル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇山田哲也(関東地区)が差しを決めて先頭に立ち、鳴門初・通算26回目の優勝

宮島九スポプレゼンツ7代目ヘビー級王決定戦

 ヘビー級王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎正哉55.3kgが08トップスタートもターン膨れて2号艇荒井輝年54.1kgの差しが決まり、荒井輝年は宮島2回目・昨年2月児島「ガァ〜コの部屋」8周年記念競走以来となる通算55回目の優勝

若松日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山口隆史(福岡支部)がスタート踏み込み先頭も判定の結果+01のフライング返還欠場。
 これにより、外握って2番手の3号艇本多宏和が先頭に繰り上がり、若松初・通算9回目の優勝

津と児島の優勝戦


津匠シリーズ第9戦マクール杯倉田栄一伝説優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柴田光45歳が押し切り、津初・通算25回目の優勝

児島スポーツ報知杯優勝戦

 1265/34の進入から1号艇近江翔吾が押し切り、児島初・通算3回目の優勝

江戸川スカパー!JLC杯波乗り王決定戦

 江戸川今節は東京・群馬・三重の3支部対抗で、12月に開催した・3月に開催予定の桐生との3場持ち回り企画開催スカパー!JLC杯波乗り王決定戦クイズキャンペーンサイト)。

 昨日中止順延で1日遅れの優勝戦は1号艇松尾充(三重支部)が12トップスタートも3号艇黒崎竜也の捲りを意識した分やや流れて2号艇桑原将光(東京支部)の差しが決まり、元祖江戸川波乗り王桑原淳一元選手の息子桑原将光は江戸川3回目・2012年12月の当地JLC杯「開局20周年記念」以来となる通算3回目の優勝

徳山マンスリーBOATRACE杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今村暢孝が押し切り、今年2回目・徳山5回目・通算64回目の優勝
 2号艇岡村慶太が1M差し順走からの2M差しで2着に入り福岡支部ワンツー。

蒲郡愛知バス杯争奪ABCツアーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柳沢一(愛知支部)が09トップスタートも2号艇野口勝弘(愛知支部)の差しが届き、2M内先行した野口勝弘が柳沢一の差し返しを振り切って先頭に立ち、2013年10月の当地マンスリーBOATRACE杯4日目7R準優勝戦で蒲郡史上最高配当514,810円を提供した103期4516野口勝弘は4度目の優出にしてデビュー初優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ