ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

マック鈴木が日本選手権競輪優勝

走れ!自転車〜さあ、さあ、栄光の さあ、さあ、鐘が鳴る、松戸競輪場にて開催されたG1日本選手権競輪燦燦松戸ダービーは、地元千葉登録のマック鈴木こと鈴木誠が先行する伏見俊昭の番手につけ、G前内から差して優勝した。
2着には世界の伏見俊昭がここでも銀メダル、3着には競走得点最低で人気薄の合志正臣が入り、3連勝式車券は大波乱となった。

今節主催の千葉県は、今節を最後に競輪事業から撤退するが、最後のはなむけとして、表彰式には胴元の堂本暁子知事も出席した。
千葉県撤退のため、2005年度からは松戸市の単独主催となる。

クロフネメモリアル
高知競馬1のビッグレース、G3黒船賞は、◎シーキングザダイヤが出遅れる波乱の展開となり、クロフネの主戦騎手だった武豊が騎乗した、G1馬▲マイネルセレクトが状態不安を克服し、好位抜け出して優勝した。
直前になってミルコ・デムーロから地元の西川敏弘に乗り替わって人気急落の9歳馬ノボトゥルーが直線一気で2着、ハナ差の3着には川崎の7歳馬、しかしG3さきたま杯勝ちの実績があるロッキーアピールが入った。
このロッキーアピール、中央在籍時代にはカルストンライトオビリーヴ先着の実績もある。

出遅れた◎シーキングザダイヤは9着、○ディバインシルバーは逃げるもロッキーアピールに潰されてブービーの11着と共に惨敗。

今日の券
ラ・ピスタ新橋で競輪日本選手権をマック鈴木流しで買い、トゥインクル初日で大勢の客がいた大井競馬場で黒船賞を買い、平和島競艇場11R以降を買いました。

今日はこの平和島含めて13場も優勝戦があったのですが、競輪と競馬で時間使いすぎたので注目の開催のみを抜粋。

平和島報知杯
その平和島11R以降を。11Rは田舎の長男谷村一哉がイン戦決め、2着を3コース握った小林亨が走ってたのだが、2周1M握った小林のターンが流れ、6号艇鈴木茂高が逆転に成功した。舟券は谷村から、4と5を消して買ってたので高目が来て(゚д゚)ウマー

発払機で11Rの的中舟券と引き換えて購入した優勝戦はスタートでイン松野京吾に大きなアドバンテージをつけた2号艇地元スターの西田靖が差さずに捲っていき、そのまま圧勝で優勝し、地元ファンの期待に応えた。
舟券はゴージャス(4着)と心中。

浜名湖G3河合楽器スポーツ杯
2Rを最後に柴田稔64歳が引退(イン戦4着)。お疲れ様でした。

ベイプラザ2Fで見た優勝戦加藤高史が3コースつけまいを決めて優勝。地元渡邉英児とSGレーサー石田政吾相手に大物キラーぶりを発揮した。

播磨なのに讃岐
平和島終了後大井まで歩いて黒船賞の結果を確認して、品川方面行き無料バスで品川車庫前バス停で降りて、近くの丸亀製麺(しかし本社は加古川市)京王品川店でおやつがわりのうどんを食べたので丸亀日本財団会長杯の話題。

優勝戦は、西田靖と同じく神奈川県民の一瀬明がイン戦を決めて優勝致しました。2着には地元代表の宮武英司が入りました。

大村JLC杯争奪優勝戦
地元エース中嶋誠一郎がイン戦速攻決めて優勝。2着も2コース速攻で握った佐々木康幸
長崎支部にはA1もいるけど、現在A2とはいえ中嶋誠一郎がやっぱりエースだ。

新聞社杯優勝戦3連発
桐生タイムス杯はBS4艇併走から2M竹上真司が抜け出し優勝。注目の鈴木茂正は2M芹澤克彦に突進されて脱落し5着。

戸田東京スポーツ杯は西田靖と同じ神奈川県民で、名前も「やすし」な飯山泰が4番手スタートながら他艇を寄せ付けない王道の逃げで優勝。2着は5コーストップスタートから捲って3艇を潰した石田豪

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞は、断然の優勝候補だった黒崎竜也の帰郷で興味9割減となったが、三竜沢芳行こと滝沢芳行が2号艇で優出していた。が、イン堤昇があっさり逃げ切られたばかりか、差しで2番手だったのに2Mで4号艇柳田英明に差されて3番手に後退。結局優勝は堤で三竜沢は三着。

江戸川日本モーターボート選手会会長賞5日目
注目は5R9R

5Rは、飯島昌弘が大外つけまいを決めて1着だったのだが、それよりも見物は連続優出が4でストップした表憲一がBS2番手から2M転覆して「表が裏返しになってしまいました」。

9Rは、優出当確の山下和彦が+04のトップスタートで捲りを決めて1M独走したものの、4コース金子貴志と5コース西坂香松を巻き添えにする3艇フライング。返還金は2771万7000円だ。
しかし繰り上がり1着浅見昌克は前半3R6着が響いて繰り上がり優出とはいきませんでした。

TAKE IT E爺 岡部幸雄引退記念

騎手会長、担がれるの図◎は東西重賞共に5着もキルトクールは成功したラリーズクラブです。

今日は岡部幸雄騎手引退セレモニーの為、中山競馬場に来てます。

セレモニー会場から、先ず速報でお送りします。写真は御輿に乗った岡部幸雄騎手です。

ここからは追加分です。

セレモニーの抜粋を。岡部幸雄引退記念競走を制した蛯名正義騎手ら勝利馬関係者をプレゼンターとして祝福した後、「大先生」コールが飛ぶ中、柴田善臣騎手からの花束贈呈や、騎手連中による御輿担ぎ(写真参照)でパドック周回(発案者は横山典弘騎手)もあり、そして岡部幸雄騎手の挨拶では、パドックを埋め尽したファンからの拍手の嵐が起こりました。

群馬県太田市出身、1948年10月31日生まれ、1967年3月4日初騎乗で通算2943勝の岡部幸雄騎手には、他にも多くの関係者、ファン代表、実父からの花束贈呈があり、その都度暖かい拍手と声援が起こりました。

フジテレビ賞スプリングS
アドマイヤフジホリエモンは出走しなかったものの、16頭を集めたスプリングS(規定上は未勝利・未出走馬も出走可能)は、1着〜4着までを本賞金800万、400万の勝負駆け馬が占める中、大外ぶん回し追い込み5着の◎スキップジャックは賞金上位馬中最先着を果たし、負けたとはいえ能力の有るところを見せました。また、1番人気でキルトクールのペールギュントはスキジャに首差競り負け6着と底を見せ、2番人気のヴァーミリアンは14着と惨敗しました。上位5頭は全て関東馬という、珍しい結果となりました。

結論=スキジャは鞍上替えればG1も勝てる器。

阪神大賞典
テイエムイットーがスロー単騎という流れで、直線はマイソールサウンド、▲アイポッパーリンカーンの3頭による接戦となり、早め先頭のマイソールサウンドが首差押し切りました。ちなみに馬券は▲○ワイドでした。
なお、4着には後方にいたキルトクール馬サクラセンチュリー、5着にはこれも後方にいた◎ウイングランツが入りました。本命もキルトクールも位置取りが後ろ過ぎました。

名鉄杯】
専用ファンファーレが最高にステキな名鉄杯は、5枠9番のセンター枠に入った中舘英二騎乗の◎ロックカーニバルが期待に応えて、早め先頭押し切りで勝ってくれた。

ここで名鉄杯なので名鉄の宣伝。TUBE国際空港セントレアへは名鉄空港特急ミュースカイで!
ついでに元祖パノラマカー7000系もよろしく!

クロフネメモリアル予想
高知競馬場で21日に開催されるG3黒船賞。◎は近況好調で小回りダートにも高い適性を見せる良血馬シーキングザダイヤ、相手は状態不安も実績最上位のマイネルセレクトと、前年度覇者ディバインシルバー

【競艇編】

徳島の岡部浩、自らの誕生日と岡部幸雄引退に花を添えられず
地震の影響で福岡と唐津が中止となったものの、予定通り行われた芦屋スポニチ金杯弥生賞優勝戦は3号艇関忠志がインに構え、注目の岡部浩は1号艇ながら2コースとなった。で、3コースの角谷健吾が捲り差しを決めてあっさり決着をつけ優勝
岡部浩は1M角谷にやられたもののBSは2番手、しかし2Mターンミスで外へ流れジ・エンド。5着に沈んでしまい、自身の誕生日と岡部幸雄騎手の引退に花を添える事ができなかった。
ちなみに2着は2周2M池田雷太亀本勇樹をまとめて抜いたセキチュー。

ボートピア岡部岡部哲、岡部幸雄引退に花を添える
戸田東京スポーツ杯準優11R、注目の岡部哲は3コースから握っていきBS4番手も2M引き続き握っていき、内で吉田隆義が振り込み転覆、そこに加藤知弘が突っ込んで巻き添えとなるアクシデント(吉田禿義は妨害失格、加藤知弘は落水失格)もあって岡部哲2番手に浮上、2着に入り優出成功。BP岡部代表としての責任を果たした。

続く12Rは今節ダッシュ戦に拘りを見せる友永明夫が大外から見事な捲り差しを見せて1着。友永明夫のモーター22号機は、前回使用者が最近大外戦に色気を見せる(前節の時は6コース5回)矢後剛だったのだが、まさに最近の矢後ちゃんを彷彿させる今節の友永だ。

ゴリラーマンに拘った1日
中山行く前に、江戸川競艇場で、山下和彦出走レースだけを買いました。
日本モーターボート選手会会長賞7R11Rです。

2連単3-5と3-1&1-3を買って生観戦の7Rは、◎ゴリラーマンが3コース捲り差しを決め圧勝となり、BS2番手は小泉秀人で舟券ピンチだったのですが、2Mで飯島昌弘が2番手に浮上して舟券も浮上しました(3-5 380円1番人気)。

前売で2連単2-4&4-2と2-6&4-6を買った11Rは、ゴリラーマンが4カドからいい角度で捲って、7Rに続いて圧勝。2着には大外差したヒモ穴の川俣昌史が入り、2連単4-6は3550円(11番人気)つきました。川俣昌史を押さえたのはてるきちさんのお陰です。

尚、11Rで1Mエンジン不調となった村田敦は時間切れによる不完走失格となり、2Rでの2周1M転覆失格と合わせて、1日2回不完走の珍記録を達成しました。

また、2Rと9Rに出走した三松直美の本日の体重は56.4kgでした。

更に、森田勝里さんお陰で気付いた事。10Rで大外42ドカ遅れも1M差し場がら空きの遅れ差しで先頭集団に加わり、2Mうまく立ち回って抜け出した庄司泰久1着になったら、2連単6-1 20300円(24番人気)、3連単6-1-5 225920円(112番人気)のぶっとび配当。

中山後の日記
今夜柏ゆの華行く途中に寄り道して、美春@松戸新田のだし塩らーめんを食べました。魚介系の熱々スープがえがったです。

戸田東京スポーツ杯予選最終日

けふは戸田東京スポーツ杯1R(舟券は3R)から行ってまして、その後大山の肴菜YAで飲んでましたので正式更新は遅れました(20日4時)。

ついでに今日の東スポ一面=M字ビターンコンテストアジャ・コング参加〜以下は見出し。

ハッスル騒然 疑惑選考 M字ビターンコンテスト」
インリンが観客支持率トップのアジャを無視!! 独断で落選通告

では、正式更新。
先ずは戸田の注目レースから。

戸田東スポ杯
戸田競艇場の指定席で観戦した今日の東スポ杯。3R以降いくつかをピックアップ。
まず吉田隆義が格下相手に1号艇ともの凄く恵まれた番組の3R。しかし、2コース鈴木貴司に05スタートを決められ捲られてしまう。これで吉田禿義は飛んでしまった(一応3着)。ちなみに勝ったのは鈴木ではなく大外差した井坂友則

5Rは、5コース坂元真一がイン今泉和則を捲りきるも、今泉がBS伸び返し、艇団をこじ開ける格好で2M先制、1着になる。坂元は2Mぶっ飛んで行き、2着には2M内を突いた前野聡

7Rは、13/4526の3カド隊形から4コース飯山泰がスタート決めてガツンと捲って1着とシリーズリーダーの貫禄を見せる。

負けじと8Rでは新美進司がセンター3コースから捲り先制で1着となり、5コースつけまい敢行も届かなかった久田敏之が2着。

10Rは2号艇ながら大外の友永明夫がトップスタートからスリット後の伸びで他5艇を圧倒し、豪快に捲りきって1着準優(2個レース制)勝負駆けを成功させた。

11Rは前半1着の新美進司が6号艇ながら2コースに入り、今度は差しを決めて1着と連勝。予選2位以内通過を確定させた。

12Rは前半1着の飯山泰がセンター4カドから05ロケットスタートを決めて豪快に捲り内を呑み込み1着と連勝。本日2勝とも豪快な捲りで今日の戸田水面を象徴する締めくくりだった。

今日の戸田はインの頭が5Rの1本(しかも抜き)のみと、典型的なカマシ優位の1日でございました。

三松を見まつ江戸川日本モーターボート選手会会長賞3日目
目を離せぬ攻防をお楽しみ頂いております今日の江戸川、注目の今坂晃広は前半7R、イン戦も大外橋本久和に果敢なつけまいを放たれ3着に敗れ、連勝は3でストップ。後半11Rも大外差しで2着争いに加わるも、塩田雄一に競り負け3着で今日は3着2本とやや失速。

三着の話題の所へ、本日の三松直美55.6kg。三松直美55.6kgは1R1回乗りで、4号艇ながら艇を退いて5コース進入。で、33の6番手スタートながら1M握って自爆して転覆。進入も面白いがレースも面白いし、日ごとに変動する体重も重白い。でも子持ち既婚の美人レーサーだから侮れない。

滝沢芳行改めシ竜沢芳行
黒崎竜也が、さんずいがカナリ余計な当地ダービー王滝沢芳行と激突した常滑中日スポーツ杯争奪 ドラゴン大賞12R、優勝候補の黒崎竜也は何と1Mスプラッシュ!転覆したところへ宇土泰就もからみつく形で落水し、哀れ2人は負傷帰郷ということになってしまった。
その間にタッキーが楽にイン逃げ決めて1着
黒崎竜也の代わりに、三竜沢芳行として優勝をかっさらってもらいましょう。

【競馬編】

フジテレビ賞スプリングS
キルトクールペールギュント。外をぶん回す事しかできない不器用な馬だし、鞍上弱化(武豊柴田善臣)も痛い(しかもテン乗り)。それでいて1番人気か2番人気になりそうなのでキル。

◎は脚質、鞍上不安等、一見ペールギュントと似たようなタイプに見えるが、こちらは内も突けるし、鞍上もお手馬にしている我がPOG馬スキップジャックだ。
相手筆頭は8番枠のマキハタサーメットで。他には他人POG馬2頭が同居した5枠も押さえる。

まったく関係ないがアドマイヤフジがここを使わなかった理由が不可解。

阪神大賞典
キルトクールは大胆にもサクラセンチュリー。コース適性有り(阪神4.0.0.1)も、長距離でテン乗りは不安だ。あと、瞬発力が有りすぎるので本質的に3000mは長い(3000以上0.0.1.0で持ち時計3.09.4と遅い)のではないかという危険性も捨てきれない。3着に入る可能性はあるが敢えてキル。

◎は前走で3000以上の適性を見せたウイングランツ。○は調整過程不安も前年覇者リンカーン、▲は重賞未勝利もサクラセンチュリーに対戦成績で優位に立つアイポッパー

μチケットE爺
名鉄杯専用ファンファーレが最高な名鉄杯の◎はセンター枠番で中舘英二騎乗のロックカーニバル

岡部幸雄騎手引退記念競走岡部幸雄勝っているゴッドオブチャンスと、岡部騎手が乗ったことがあるマルターズホークエイシンツルギザンの3頭を絡めて買う。

アワカツがアワてず他艇をアワてさせて優勝

livedoor大プッシュ多摩川競艇、その優勝戦は1号艇でもアウト一筋、大外発進の阿波勝哉チルト+3度の超伸び仕立てで、07スタートからエースモーターの直内06トップスタート寺本重宣をスリット後の伸びで圧倒、慌てた寺本が強引な絞り先捲りでゴチャ付いたものの寺本の上を阿波てず騒がず捲ったアワカツが通算7度目、多摩川では初の優勝笹川賞出場に花を添えた。
2着はエースモーターの寺本が2周BS、前を走る渡邊伸太郎を機力の違いで捕らえ逆転、2着に入った。

競艇、レース以外の話題
発表と共に大きな議論の的となったスタート罰則規定の変更、お薦め関連記事として昨日のエントリーでは良2さんの「競艇あれこれ〜競艇各種規定改正〜競艇は何処へ行く〜」を紹介しましたが、今日は関連記事としてBank of Dreamさんの「公営競技はどこへ行く〜ギャンブルからスポーツへ」と、takayさんの「車で旅打ち〜記念レースはどこで盛り上がればいい?」をお薦めします。
対照的な視点ながら、どちらもこの話題に深く突っ込んでおります。内容は実際に読んでみるのが一番なのであえて転載しません。
自分の意見といたしましては、重大事故防止に繋がるペラ改正と、準優3着→特別選抜1号艇の方が下手に準優で2着になるよりも有利なシステムを、多少は改善できる優勝戦加点は賛成ですが、スタート罰則の強化が返還金を恐れてのものなのが明らかなだけに、平均スタートの遅延化で返還金以上の売上減になるのが心配です。
あと、本文(のこの黒い霧日記〜「競艇界の黒い霧」の話)中で当blogを紹介してくれましたyanokonさんが、今回の罰則強化=フライング返還の廃止に言及してるのも注目です。個人的に、競馬のS直後の競走中止(2000年皐月賞とか2002年菊花賞が例)に返還制度導入しろ派なので、フライング返還廃止は困る派なのです。
で、いかにフライングを減らしつつ、ファンの興味も失わせないか。そこらへんの弾力的な対応は、競走会にはスタート展示での教訓を生かして貰いたいです。

今度は明るい?話題。
あの平田忠則5月7日若松一般戦で遂に復帰!2004年1月18日若松12R準優2着以来となる。ザウルス平田の汚名を返上できるかは、平田の精神力次第でしょう。似たような経験を持つ同期の白石健が好調なだけに、ダンボールしらけん以上の実績を持つ記念レーサー平田なら以前の力は取り戻せると思います。

こっから下はいつもの今日艇ネタと競馬ネタ。

明日香で腰が抜けた!江戸川2日目
2R、6号艇とはいえ優遇メンバーな番組を組まれた阿波国徳島県の眞田英二、大外トップスタートからいいダッシュをつけた眞田が番組編成マンの期待に応え捲りきり1着。2着は佐賀県民ながら、泡国吉原の近くで気合いが入る?吉原美穂子

4R、人気の1号艇表憲一がインにいたが、14スタートも2号艇10スタート村田敦に対しスタート劣勢で、つけまいにきた村田に対し強引に突っ張るも大きく流れ、更に11スタートで村田の外から捲ろうとしてた人気対抗格5号艇橋本久和も飛ばされる形となり、捲り差した4号艇大瀧明日香(絶対に「大滝明日香」と書いてはいけない、「瀧」と書くのが重要)が突き抜け1着となり、2着には1M30のドカ遅れスタートから差して2周2M抜け出した3号艇矢崎誠一、3着には大外差しから1周2M、一度は矢崎を逆転した6号艇秋田健太郎
かくして、実況もびっくり、ぶっとび腰が抜けて口から泡吹き大瀧明日香と矢崎誠一の名前を取り違える阿波てようの高配当完成だ。(2連単12890円、3連単153300円

8R、今度は1号艇の眞田英二が1M3号艇大町利克と5号艇村田敦(また村田敦か!)を牽制して膨れ、6号艇今出晋二に捲り差されBS2番手も、2M今出を差して抜いて逆転勝利。阿波の眞田、大外と最内で連勝だ。

今節最大注目の今坂晃広9R1回走り。イン14トップスタートで楽イン逃げ体勢のの秋田犬太郎を27スタートながら差しきる見事なハンドル捌きで1着と、無傷の3連勝。ちなみに秋田犬が2着、前半3R1着で、ここまで2戦2勝だった水口由紀は3着。

阿波国徳島県鳴門山陽バス競走初日
dream戦制ではないので主力が分散して行われた安定板着用の初日、11Rでは三嶌誠司がイン戦決めて12Rでは守田俊介が4カド12トップスタートから差しを決めて1着となった。
9Rで2コース差しを決めた、地元阿波国代表の林美憲も12Rにいたが、3カド受けから臨むも4カドトップスタートの守田に対し先捲りで応戦。無理捲りでイン細川明人にあっさり飛ばされ5着に敗れた。

常滑中日スポーツ杯争奪戦ドラゴン大賞3日目
不動の優勝候補筆頭、156cmのスモールドラゴン・三重の黒崎竜也は2回走りで、7Rが4カド捲り圧勝11Rがイン戦トップスタートでこれまた圧勝と、もう勢いは止められない。

ちなみに元祖三重のドラゴン森竜也は今日から桐生タイムス杯で、12R桐生特選に出走。
レースは枠なり3コースから先捲りイン倉谷和信に張られてあっさり6着、と森竜也らしい成績だ。


泡臭く土曜競馬予想
花びら大回転な中山G3第19回時事通信杯フラワーC(ちなみに浜名湖G3フラワーCは30日から)のキルトクールは、せん馬みたいな名前の竿付き姫こと6枠9番サオヒメが絶好のキルトクール対象なのだが、他人のPOG馬なのがネック。しかしここはニューハーフ馬だからキル。
もう1頭の他人POG馬1番アルフォンシーヌもキル。しかし同じ厩舎のMYPOG馬スキップジャックフジテレビ賞スプリングSの◎!

で、どちらをキルトクール1号に任命するかというと、意味深な馬枠番に入ったサオヒメの方だ。でも、第19回だから竿付き69のサオヒメとアルフォンシーヌで2連勝式1919馬券だ。やばい、買いたくなってきた!しかしキル。

ちなみに◎は無敗の関西馬、シーザリオで。過去2戦の内容から、同厩ディラデラノビアより素質は上と見てる。2着は外さないと見た。

おまけ
iso800ccさんのコメントを受けて、「大人気!ほりえもんすごろく」を公開しました。ホリエモンすごろく

【江戸川は】多摩川予選最終日【順延】

江戸川競艇強風高波浪の為に中止!優勝戦は総理杯初日と同じ22日になりました。当日は併用発売です。
とりあえず、江戸川中止で書くことが一つ減りました。

ということで川は川でも、プール水面の多摩川競艇場を本日のメインディッシュで。多摩川一般戦の予選最終日4日目です。

6R6号艇の松元保徳は最内から臨むも、深イン&1号艇2コース篠原正知の凹みもあって2号艇3コース宮本裕之にあっさり捲られてしまう。しかし、踏ん張り中井俊祐との2着争いに持ち込み、3周2M先マイで2着に入った。

7R6号艇の高橋勲は最内から臨むも、2号艇5カド横井健太のつけ捲りを張り飛ばしに行った分、4号艇大外濱田隆浩の捲り差しを許してしまい2着

9R1号艇の阿波勝哉は指定席の大外からトップSTから捲って1着

11R1号艇の高橋勲は最内から臨み、3号艇4カド、優出へ1着勝負だった松元保徳の捲り差しを許さず1着優出成功、逆に松元保徳は2着で惜しくも優出漏れ尼崎選手権で余計なことをしてくれた北川敏弘がここでも3着で、3連単4000円台配当を演出。

12R6号艇の阿波勝哉は、ポールポシジョンの6号艇で勿論大外からトップSTで捲りきって1着と本日連勝。今、最も1号艇が似合わない男は明日1号艇で優出だ。

大村JLC杯争奪戦初日
他にもいくつか初日の場がありますけど、その中から大村を。注目はA2ながら地元エースの中嶋誠一郎
前半3Rは6号艇大外トップスタートからのひと捲りで1着、地元代表として出場した12R発祥地選抜はイン戦で、ナイスミドル・山田豊の2コース差しを振り切り1着、と連勝発進。
ちなみに差し届かなかったナイスミドルは2Mターン流れ3&4号艇の福井勢に並ばれ、2周1Mで福井勢に行き場を塞がれ4着に敗れた。

中嶋の他には濱田和弘が前半4R6号艇3コースから捲って1着、後半11Rではイン戦で1着と、どちらもトップスタートで連勝。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞2日目
ドラゴン大賞ということで今節大注目のブラックドラゴンこと黒崎竜也、今日は9R1回走りで、3コーストップスタートから捲りを決めて1着と、これで3戦2勝3着1回(しかし3着はdream戦なので点増し、しかも6号艇)と着実にポイント加算中。しかもこのレースにおいて、それまで3連勝だった生方厚成が6号艇5コースから5着に敗れたので、ライバルをひとり負かしたことになる。

この場を借りてお知らせ
今更ながら日曜のエントリーに写真を追加。戸田グランプリ表彰式の写真でございます。
SO505iのi-shotモードで撮影した超低画質で正直スマソカッタ。

良2さんのエントリーを見て加筆。「選手持ちプロペラの基準等の変更について」な発表と共に、スタート罰則規定の改悪がなされましたが、それにつきましては17日のエントリー「競艇各種規定改正〜競艇は何処へ行く〜」がわかりやすいのでお薦め。

ダイオライト記念とANGRA LIVE

アンカツ表彰式船橋競馬場で生観戦した船橋G2ダイオライト記念は、パーソナルラッシュが先行策から◎タイムパラドックスと○ヒシアトラスの追撃を封じ、復活勝ちを収めた。
スローペースに泣いたタイパラはゴール寸前ヒシアトラスを交わし何とか2着。
馬券はアネモネSの教訓を生かし3連単BOX的中。

ちなみに写真は表彰式でのアンミキならぬアンミツの弟、安藤勝己騎手です。

夜はブラジルの至宝ANGRA来日公演を見にSHIBUYA-AXへ。前座はNIGHTWISHだ。

18時半に始まったLIVEは、前座のNIGHTWISH(音圧高めの北欧メタルサウンドにオペラティックな女性Voが乗る)が80分演奏し、約30分の休憩を挟んで20時20分頃から、ANGRAのLIVEが始まった。90分位で終わるだろうとたかをくくってたら、130分の長丁場で足が棒になった。
両方合わせたら18:30〜22:30の4時間!

アングラというバンド名だが、実際はBURRN!今月号で発表された人気投票でアルバム部門「TEMPLE OF SHADOWS」&楽曲部門「SPREAD YOUR FIRE」で1位を獲得した、実にオーバーグラウンドなバンドだ。

LIVEのサプライズは、アンコールその1で「CARRY ON」演奏後、メンバー一旦引っ込んだ後にアンコールその2「NOVA ERA」を演奏し、それで終わらずダイムバッグ・ダレル追悼メドレーを演奏したことだ。
ANGRAのギターの片割れ、紀子様ことキコ・ルーレイロ様は流麗なギタープレイが持ち味だが、ANGRAとPANTERAは接点が無さそうなだけに驚いた。

後は順当な選曲(続きを読むにネタばれ有り)。

帰りに入り口前でVRAINなる日本のインディーズバンドのCDを貰った。無料でCDとは得した気分だ。
ANGRA&NIGHTWISH JAPAN TOUR

江戸川日本モーターボート選手会会長賞
競艇BBライブ中継映像で見た8Rはオール女子戦。前節の初日8Rは名人戦だったが、今節は女子戦だった。江戸川初日8Rで2節続けて企画レース!

レースは、三号艇三松直美54.7kgが19トップスタートから捲りを打つも流れ、1号艇大瀧明日香が難なく逃げ切り1着、4カド差しの地元渡辺千草が2着。
3着は東京在住さいたま支部中西裕子が危なっかしい未熟タ−ンながらもなんとか守りきった。

11R江戸川選抜は1M仕掛けた3号艇飯島昌弘と張った1M橋本久和が喧嘩する展開となり、そこを2号艇水口由紀が差し込んで1着となった。
他では今坂勝広の弟、今坂晃広初日連勝

近畿の優勝戦2発
びわこ優勝戦は4カド白石健が13トップスタートから一気に捲りを決めて優勝
伊藤誠二は2着、服部幸男先生は3着。

住之江サザンカップ優勝戦は、大嶋一也がイン戦決めて優勝。2着は2号艇2コース北川幸典
尚、安藤美姫フィギュアスケート世界選手権出場中だが、三号艇渡三紀艇は1M為す術無く6着に大敗した。続きを読む

福岡企業杯G3JAL CUP 優勝戦

今日は牛角で焼肉付き高校野球ドラフト会議の為帰宅が遅くなりましたので、福岡企業杯G3JAL CUP優勝戦の更新が遅れました事をお詫びします。

その福岡JAL CUP、結果今垣光太郎が2号艇ながらイン奪取で5節連続優勝の快挙を達成、早くも来年の平和島総理杯出場権獲得です。笹川賞ファン投票も1位ですし正に今年はここまでガキさんの年です。
2着は4号艇ながら2コースの日高逸子、惜しくも大村企業杯G1JAL女子王座に次ぐJAL企業杯連覇を逃しました。
1号艇ながら3コースで27スタートと、例によって1艇遅れた秋山直之は3周2M、入倉数広(ヘタクソ)に突進されて転覆失格です。この結果、秋山は前節常滑企業杯G3INAX杯争奪とこなめ大賞に続いて優勝戦1号艇で連続転覆失格です。
入倉は何故か妨害失格にならず、3連単5千円台の配当に貢献しています。

で、一言。
「今後もJAL企業杯は必ず女子選手呼べ

鳴門渦の女王決定戦
白うず枠番の阿波国代表新田芳美が、白うず枠番通りのイン戦から08トップSTで押し切り、1Mで決着を付けて白渦の女王に輝いた。2着はBS、2コースから1M水洗差しでキャビったものの持ち堪えた海野ゆかりと大外差しの山川美由紀の争いとなり、2Mでうんのが抜け出した。
尚、もう一人の阿波国代表淺田千亜希は5着。

芦屋スポニチ金杯弥生賞
金杯と弥生賞だなんて、まるで正月と3月が同時にやって来たようなレース名ですが、そのdreamレースは、イン関忠志が08トップSTを決めましたが、3コース川原正明を張りにいった分、2コース亀本勇樹の差しを許し、亀本が1着となりました。
亀にやられたセキチューですが、2周1Mで角谷健吾に競り勝ち、2着に入りました。セキチューに負けた角谷は更に2周2M川原に進路を塞がれ、5着に沈んでいます。これによって3着には伊藤雄二が入りました。

5Rで、加藤峻二が5コース差しで1着を獲得。A2で無ければ笹川賞に投票してた選手の一人なだけに、かえすがえすも2004.5.1〜2004.10.31の集計期間における不調が悔やまれます。

船橋競馬G2ダイオライト記念予想

タイムパラドックス
ヒシアトラス

ついでに16日から始まる常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞の優勝者も予想。
黒崎竜也で間違いない。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ