ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

艇王の貫禄を明日見せるか?それとも東都のエースが世代交代か?

賞金王決定戦トライアル最終日、トライアル1つ目の11Rは、1着取って相手待ちの松井繁勝負駆け成功。2着にはインでヒモになる事が多い濱野谷憲吾が入った。しかし3着条件だった濱野谷も勝負駆け成功。3着には決定戦圏外の山崎智也が入って、11Rは競艇イケメンベスト3の様な結果となった。
続くトライアル2つ目の12Rは、前日得点率2位の植木通彦がイン逃げ圧勝。前日得点率トップの2号艇上瀧和則は圏外の原田幸哉の捲り差しを直に喰らい6着大敗も、前日までの貯金が物を言って既に当確。その原田が2Mターン膨れた所を、3着条件だった今垣光太郎が抜いて2着に入った。
明日の賞金王決定戦1号艇には植木が入った。勝てば単独トップとなる決定戦V4なだけに、艇王の称号を持ち、この決定戦でも数々の伝説を残した選手としては是非勝ちたいところだ。それを負かすとしたら、4号艇とはいえやはり「モンキーターン」濱野谷憲吾だろう。
果たして漫画の様な結果になるのか如何に!?

前座の準優】金龍ラーメンが大好き?な兵庫の金子龍介準優8R2号艇も、5号艇守田俊介の無理な前付けで窮屈な進入となり、4カド阿波国徳島県林美憲の絞り捲りを貰って4着に敗れた。2着には2周1M付け舞を決めた「阿波踊り大好き烏野賢太が逆転で入り、阿波のワンツーフィニッシュ
準優9Rは、藤丸光一フライングも、直内の矢後剛に接触し大勢に影響なし。藤丸のFに関係なく捲り差した「岡山支部だけど心は広島」の山本浩次が勝ち、イン戦でイマイチ信用できない鳥飼眞が差されながらも2着に入った。
準優10Rは唯一イン逃げで決まり、一昨年覇者太田和美ちゃんがトップスタートから圧勝。2着には2M差した川崎智幸が入った。なお、前年覇者市川哲也は6着に敗れて連覇ならず。

【競馬2歳ダート王決定戦】川崎競馬場G1全日本2歳優駿は、兵庫ジュニアグランプリ勝ちのプライドキムが2番手から抜け出し4馬身差の圧勝。注目のドバイ馬シーチャリオットは、離れた3番手グループから折り合いを欠いて追走も、最後逃げ粘りを図るシベリアンホビーを鼻差捕らえ2着に入り素質の一端は見せた。自分はSPAT4でこの馬券を3連複1点(ワイド3頭BOXともいう)で買って当てたが、「3連複400円(1番人気)」切腹!

【チルト-0.5】 チルドゆうパックの処理応援の為に保冷室に行った。まさに冷蔵庫のような寒さだ。そのゆうパックの中に明太子が結構あって、明太子が食べたくなった。だから、今夜のblog第一弾を公開した後、田中商店へ「ラーメン(麺針金)替え玉2発+明太ごはん」を食べに行った。今日は22日なので、たらふく食ったその帰りには大谷田温泉明神の湯へ入浴してきた。入浴といえば、波田陽区の昔の芸名は波田ニューヨーク。更に入浴で攻めると、ニューヨークヤンキース松井秀喜の背番号は55。そんでもって明日の松井繁の枠番は5号艇。でも明日の予想は、1-4-9と1-9-4の2本立て。4-1の2連単も押さえる。

ジョー瀧がジョー々、植木がスーイスーイスラスラスイな成績(決定戦トライアル)

賞金王決定戦もトライアル2日目に入って、当確組とあぼーん組が分かれてきた。トライアル1つ目の11Rは、上瀧和則番長が昨日に続いて4カドから捲り敢行で内艇を潰したものの、綺麗なターンではなく外に膨れ気味のターンだった為に、勝つまでには至らなかった。勝ったのは、上瀧が作った展開に乗じて捲り差した田村隆信
続くトライアル2つ目の12Rは、原田幸哉が5カドから捲りを狙うも、植木通彦に抵抗されて沈む。その植木も原田に抵抗した分、田頭実の捲り差しを許した。勝った田頭は、前日6着からの巻き返しに成功。
ここまでの2日間の得点率(今トライアルの計算方法=1着10点、2着9点、3着7点、4着6点、5着5点、6着4点)では、1.2着の上瀧和則、2.2着の植木通彦はほぼ決定戦当確。逆におのろけの山崎智也、ツキのない原田幸哉はほぼ落確、また住之江恐怖症の今村豊、初日6着が痛い松井繁も自力での決定戦進出は苦しくなった。松井としては今日は3着ではなく2着が欲しかったところだ。

前座の話題も少々。金龍ラーメンが大好き?な兵庫の金子龍介が明日の準優8Rに2号艇で進出することになった。初SGながら大健闘。兄貴分の松本勝也も、準優9R6号艇で辛うじて予選突破。

【唯一の裏開催】 若松優勝戦は、飯島昌弘が逃げ切って優勝。優勝戦メンバー中随一の銘柄株である三嶌誠司は捲り差しを狙うも飯島には届かず、2Mではその飯島と1M差した窪田好弘にサンドイッチになる形でターンが遅れて結局3着。

【なべ自慢】同日のパンクラス後楽園大会で、メイン渡辺大介マスコミの扱いに於いて(スポニチとかニッカンとか)完全に食ってしまった渡辺久江。試合の方も、渡辺浩財子(ひさこ)相手に格の違いを見せつけてKO勝ち。一気に話は変わって「わたなべひさ」 つながりで思い出すのが、「なべきゅう」こと、渡辺久信。今でこそ寂しい髪の毛だが、かつての西武黄金時代を築いた大投手だ。その渡辺久信の先輩にして1988年最多奪三振投手小川博容疑者が強盗殺人容疑で逮捕されてしまった。かつて一時代を築いた男が堕ちていくのは非常に寂しい。

賞金王決定戦開幕!

今日からいよいよ賞金王決定戦開幕!昨日まではメインだった賞金王シリーズ戦は今日から前座に。今年から初日の枠順が賞金順に変更されたので、クジ運による不公平感は減ると思う。
トライアル1つ目の11Rは、植木通彦が捲り敢行も、今垣光太郎が先マイで逃げ成功。外マイの形となった植木は、BS濱野谷憲吾を始め4艇併走(田頭実は論外)状態、2M先マイ濱野谷のターンが若干ばたつく内を鋭くターン!2着は植木と濱野谷の争いに絞られる。2周2M植木が先マイ成功で、遂に植木&濱野谷の「華麗なるモンキーターン対決」に決着を付けた。道中の2着争いが面白かった11Rだ。
12Rを振り返る前に、7月のオーシャンカップ開会式中村有裕がプロポーズ宣言して話題になったが、おとといの賞金王開幕式でも、ユースケの真似してプロポーズ宣言して話題になった山崎智也がいた。しかしレースはけい薄にしてけい快ではなく、4カド進入を敢行した上瀧和則番長の絞り捲りで5着惨敗。上瀧はなんとそのまま押し切ってしまった。2着には「凄みのある男田中信一郎が浮上した。賞金1位今村豊は最初2番手を走っていたが、機力・水面適性ともダメダメで4着まで順位を下げた。

【昨日の回顧】江戸川優勝戦山田竜一が逃げた際にできた懐を見事に差した2号艇山本隆幸が、追いすがる山田を2M山田を牽制しながらの先マイで突き放し、決まり手は「抜き」ながらも内容は文句なしの完勝で優勝を飾った。
大村優勝戦は04トップSTの山口剛が絞り捲りを敢行した際に古賀繁輝が転覆、更にその古賀の艇に接触した池上正浩が、その勢いでネトロンに乗り上げ、ネトロンの向こう側まで飛び越えて転覆、更には島川光男も古賀の転覆に巻き込まれエンスト、といっぺんに3艇が消えた。絞って古賀を文字通り沈めた山口は当然の如く妨害失格に。しかしこれで3連勝式不成立。1M外を回った大外加藤知弘が恵まれ優勝。間一髪難を逃れたイン鈴木幸夫が完走したため、2連勝式は成立した。

TO.KO.NA.ME師走観覧会

朝9時過ぎに平針の友人宅を出て、住之江1R発売中に、トロピカールな発走VTRが最高な常滑競艇場に着いた。特観代1000円(フリードリンク付き)を払って席に着く。自分が最初に買ったのは住之江2R松本勝也ありがとう。でも須藤博倫は来ない方がよかった、一番の安目だ。
常滑師走競走2Rから買ったが、坂元真一3着に入ったせいで3連単124BOXの野望は崩れ2連単のみになってしまった。

【ヒロシです…】常滑3Rでは悲しい程機力が足りずに、ドリメンで唯一予選落ちの鈴木博が1M連対圏にいながら、2Mバランス崩し自爆転覆という間抜けぶり。但しそれを理由に1号艇の9Rを斬ったら、展示こそ竹内尉宏にインを取られたものの、本番ではしっかりイン逃げを決めてしまった。切腹!

【常滑名物どて丼】昼飯は、常滑5R発売時に予定通りどて丼370円を食堂の常滑市社会福祉協議会、どてカツ丼490円を立ち食いのマリソルで食べた。前者はタレの量が多く濃く肉が硬い。後者はタレの量が少なく薄く(それでもかなり濃い)肉が柔らかい。とにかく、常滑の飯は非常に旅打ち向きだ。少なくとも蒲郡よりは安くて旨い。ちなみに「どて丼」とは八丁味噌を使った「もつ丼」だ。

【レースの話題に戻る】その常滑5R、92期市川美宏が枠主張でインにも驚いたが、2コース海老澤泰行が絶好の捲り展開からターン流れ3着に敗れたのもびっくりだ。
住之江5R太田和美が逃げて勝ったものの、本線のシエロ晃生でなく、押さえの川崎智幸が来てしまった。ちょっと残念。続く住之江6Rでは、来期B2の服部幸男先生がFを切って、今シリーズ賞典除外第1号
住之江11R、本日インの強い住之江でも1番堅いインと見ていた山本浩次、しかし鳥飼眞差し抜けられてしまう。鳥飼は2着でいいのに。よって舟券は裏食って外れ。
待ちに待った常滑優勝戦は、dream組6人中5人が優出、残る1人も鈴木博の替わりに飯山晃三と全員A1、と他場の優勝戦と比べても特に豪華。但しその分11Rまでの面子で来期A1は鈴木博と小林大輔だけ、現A1は鈴木ヒロシ+小林昌敏&吉田一郎だけ、としょぼくなってしまった。だから、より優勝戦と他のレースとの質の差が鮮明に。その優勝戦、展示でスロー5コースだった山下和彦が本番前付け3コースへ。その煽りで内の都築正治中島孝平の進入も深く窮屈になった。しかし蓋を開けたら山下がトップSTで捲りを狙うも、イン都築が伸び返し持たせ山下は外マイ順走の形に。内から5コーススロー秋山直之も差し伸びBSは都築先頭、山下秋山併走の形に、これに中島も加わって2周正面は大激戦となるも、2周2M山下が秋山を捌き2番手浮上。結局1-5-4で決まり、都築が地元優勝。友人は3連単的中で浮上。

常滑からの帰り、工事渋滞に巻き込まれつつ、天白区に18時頃帰ってきて、や台ずし@原で20時まで飲み食いした。ちなみにその友人は年間パチ100万勝ち競艇100万負ける男だ。

【東西線運休】20:57発のひかり326号で東京に帰って来たら、22:50過ぎに東西線が事故(木場駅で車両に薬品を撒かれたのが発覚)の為60分程運休というふざけた事態に。仕方ないから振替輸送のJR京葉線で葛西臨海公園駅から徒歩30分だ。しかも臨海公園駅に着いたときには既に東西線復旧だ。今日は鼎生鯆椋卞颪澄

以下東西線薬物事件の詳細↓
 19日22時55分ごろ、東京都千代田区の東京メトロ大手町駅で、中野発東葉勝田台行きの東西線から降りた女性客(21)から「座っていたら、お尻が痛くなった」と駅員を通じて119番通報があった。女性が乗っていたのと同じ車両の乗客2人も吐き気などを訴えた。木場駅でこの電車の運行を打ち切り、警視庁が原因を調べている。この影響で東西線は約1時間にわたり、中野―茅場町間、東陽町−西船橋間で折り返し運転を行った。
 東京消防庁などによると、女性は九段下駅から乗車した。ズボンの一部が湿り、尻の皮膚が赤くなっており、軽傷。木場駅では、男性2人が吐き気や息苦しさを訴えたという。
東京メトロ東西線で19日夜、乗客3人が尻に痛みを訴えるなどした問題で、3人が乗っていた車両の座席で強いアルカリ反応があったことが20日、警視庁の調べでわかった。同庁は傷害事件の可能性もあるとみて調べている。
 丸の内署などによると、アルカリ反応があったのは前から2両目。女性は尻の皮膚が赤くなっており、化学熱傷で軽傷と診断された。九段下駅から乗車、座った直後に座席が湿っているのに気づいたという。

山田竜一2着江戸川失格祭り大村は明日リプレイ見てネタに。リンクもその時貼るつもり。

JLCは純と雅文のW松田

朝6時過ぎに名古屋駅に着いて、近くのサウナウェルビー名駅店で入浴してから、9時頃に平針の友人宅へ。コンポが壊れた関係で修理屋さんが来るので、今日は結局名古屋の友人宅でJLC観戦。中継は、住之江江戸川浜名湖大村常滑&唐津(二元)。基本的にはJLC381chのGETS!TAISHOW!(出演:夢大作松田純 解説:松田雅文91年平和島賞金王決定戦優勝者」)を見てた。

江戸川2Rで今日も秋葉弘美高橋淳美が競演。その前の1R中村稔宏に感謝!)を当てて幸先いいST。で、2Rは高橋淳美がで来た!しかも2着に松尾美和子、3着に秋葉弘美と、女子のワンツースリー。決まると思わなかったのでびっくりだ。舟券は3-6一点買いだったので不的中。

常滑4Rは実力断然の山下和彦から買った。オッズ見ずに2連単3点買ったら、310円で回収率100%orz

住之江7Rはナイスミドル山田豊のナイスなイン戦的中。人気が割れてたので意外といい配当(1120円)。

江戸川9R山田竜一は当然の如く勝ったけど2着の道見数成買ってない…このへんから舟券が不調に。

スロー屋とダッシュ屋が入り乱れて進入がぐちゃぐちゃの大村週間レース社杯、舟券は手が出しずらいがレースはオモシロイ準優10Rは、94期古賀繁輝が捲り差しを決めてデビュー初優出。2着には一旦鼎91期山口剛がその後追い上げ、超抜機力の角川政志との競り合いを全速攻勢で制した。かくしてフレッシュな2名が優出

本日1号艇もインも飛びまくりで、1着0、2着も1Rのみとイン受難の浜名湖SUZUKIスピードカップ、準優11R柏野幸二も派手に。ここまで来たら1号艇全滅を期待したくなる。しかし準優12R堤健一が空気を読めずに04トップSTで勝ってしまったorz

常滑では本日秋山直之が連勝。5Rは6コースから全速連発で見事な抜き11R逃げと対照的な内容ながら天晴なレースだった。続く12Rは山下から行ったら裏食った

難解なので買わなかった住之江シリーズdream戦は、瓜生正義がST遅れて金髪坊主鳥飼眞の捲り差しが決まった。前検で泣き入れた菊地孝平が整備に成功し、2着に入って万舟

1日のレースが終わって振り返ると、舟券は後半に入って不調となったが、江戸川11Rで3連単的中して最終的には500円程+となった。唐津と大村以外の4場に手を出した割にはいい結果だ。

【名古屋日記】友人がスロット打ちに行ったので、その間にラーメン観光をということで、台湾ラーメンの元祖・味仙@今池に行った。甘辛い味で韮と挽き肉がたっぷりの名古屋名物だ。中華料理の締めな感じで量は少なかったが、続けて真っ黒なラードが浮かんだスープが特徴の呑助飯店@今池へハシゴなので丁度いい量だ。
で、近くにネットカフェがあったので更新。リンクはラーメン関係と芸能関係だけとりあえず貼った。(補足=月曜夜にリンク貼った)

【明日の展望】江戸川優勝戦は山田竜一鉄板だが、常滑優勝戦都築正治が有利ながら絶対とはいえない精鋭揃いで激戦だ。大村優勝戦は古賀繁輝を応援する。

山田竜一と前野竜一のワンツーが実現

江戸川4日目8Rには、前日も注目した、レディース日記」の秋葉弘美と「美多眠レター」の高橋淳美が揃って出走。しかし、このレースには5号艇に不動のシリーズリーダー山田竜一がいた。レースはその山田が5コースからあっさり捲り差しを決めていきなり独走。熟女両名は見事にゴンロクフィニッシュを決めてしまった。勝った山田は11Rにも出走。インに西川美智代、しかもこのレース最大のライバルだった坪井康晴7R転覆で欠場と、メンバーにも恵まれた。当然断然人気となり、1M余裕の差しで圧勝。尚、2着には2周1M見事な抜きを決めた前野竜一が入り、見事に竜一ワンツーフィニッシュ達成。3着には3周2M西川に競り勝った岡部浩が入り、3連単460円の超低配当レースが完成した。

尼崎女子リーグ優勝戦は、イン横西奏恵のターンが流れ、差した渋田治代淺田千亜希の激しいデッドヒート(動画付き)となり、渋田が競り勝って優勝。38歳の渋田は、これが約9年半ぶり2度目の優勝。前回優勝は桐生女子戦95年5月24日とのこと。

常滑市といえば中部国際空港セントレアINAX】 常滑師走競走2日目、昨日のdream戦ワンツーの、岩崎正哉都築正治が今日も両者とも1.2着1本ずつで連対をキープした。しかしその2人を凌ぐ好調さなのが今日の12R予選トコタン賞を制した飯山晃三。同じオール連対でも岩崎と都築が1.2着2本ずつなのに対して、飯山は1着3本2着1本だ。明日本場に行くつもりだから、どて丼が食べたい。
常滑市のマスコットキャラも市制50周年記念に合わせて、競艇と同じトコタンになった。いいことだ。
中部といえばTUBE、その新曲Miracle GameのB面Now&Hereは競艇CMソングなので、全国競艇ファン必聴だ。A面の曲もTUBEとしては久々のアップテンポなA面曲でいい感じ。

そんなわけで、今夜のdreamなごや号で出発するので、明日のblogは携帯からの投稿になるのでなリンクが付きません。日曜の夜に新幹線(但しのぞみ禁止)で帰ってくるので、それ以降に明日明後日の分は加筆修正の予定。
ちなみに日曜中京(多分行かない)11RCBC賞の◎はドリームカムカム

【江戸川】レディース日記と美多眠レターが競演中

江戸川3日目、今日は1回乗りで8Rに出場した山田竜一は、4カドから04スタートで捲り敢行も01スタートの濱崎誠にイン逃げを決められて捲り届かず2着となった。負けはしたもののオール2連対継続中の山田竜一だ。
江戸川今開催のもうひとつの見物として、「レディース日記」の秋葉弘美に「美多眠レター」の高橋淳美と新旧女子レーサー日記選手の競演がある今節、明日の8Rでは両者が昨日2Rに続いて同じレースを走る。なぜ3日目にしてこのネタかというと、本日レディース日記が更新された、っていうじゃな〜い。

常滑師走競走が本日開幕。この開催に何故注目かというと、週末どっちかの日に本場に行くつもりだから。12Rdream戦は、イン鈴木博が、「ヒロシです・・・いいトコロありませんでした・・・」 とへたれなトコロを見せて、2号艇岩崎正哉にあっさり捲られ、捲られた後も全く残せず6着大敗。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦は、坂口周が枠を主張。B1級からの総理杯出場(ひまひまデータ参照)を狙う赤岩善生は結局枠なり2コースとなり、差しを狙ったが届かず、結局坂口が優勝した。来年秋の話だが、津全日本選手権出場を狙っている(最近3ヶ月勝率7.58)三重支部の坂口なのだった。ちなみに今年の全日本選手権は、三重支部からの出場0人。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ