ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

西広島タイムス宮島街道杯優勝戦

 西広島タイムス宮島街道杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から05トップスタートの4号艇椎名豊がカド捲りを決め、5号艇畑和宏(広島支部)に捲り差しで迫られるも2M包んで何とか振り切り、深追いした畑和宏に代わって2M差しで浮上した3号艇芝田浩治も退け、椎名豊は地元桐生以外では初となる通算3回目の優勝

唐津・児島・常滑・桐生の優勝戦


唐津九州スポーツ杯優勝戦

 1245/36の進入から1号艇江口晃生が押し切り、唐津では昨年11月の前回鏡山特別に続く3回目・通算88回目の優勝にして2日目9R4号艇2着以外全て1着の準完全V。

児島ていちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山崎裕司が押し切り、前走地宮島日刊スポーツ栄光楯広島ダービーに続く今年2回目・児島初・通算12回目の優勝

常滑G3オールレディース競走レディース笹川杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀が押し切り、2015年6月徳山九州スポーツ杯争奪ほぼオール女子バトル以来となる通算75回目の優勝

 ちなみにSG笹川賞の通称はボートレースオールスターですが、レディース笹川杯と来月28日から宮島で開催されるG2レディースオールスター特設サイト)は別物です。

桐生タイムス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志が押し切り、桐生4回目・通算55回目の優勝
 16トップスタートの4号艇平石和男が1M捲り差しを2号艇北中元樹に張られて後方も、2M差しで追い上げ2着に入り埼玉支部ワンツー。

多摩川と浜名湖のサンスポ冠レース優勝戦


多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇宇佐見淳が押し切り、多摩川初・通算9回目の優勝

浜名湖サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から04トップスタートの3号艇西村勝が捲りを決めて先頭に立ち、2015年10月桐生日本トーター杯以来となる通算49回目の優勝

丸亀と徳山の優勝戦


丸亀香川県中部広域競艇事業組合48周年記念優勝戦

 126/345の進入から1号艇中越博紀(香川支部)が03トップスタートの速攻を決めて、丸亀3回目・通算10回目の優勝

徳山スカパー!JLCカップ優勝戦

 1号艇山室展弘に完全Vが懸かった一戦は6号艇堤昇が動いた16/2/345の進入から2号艇益田啓司が捲りを決めて先頭に立ち、益田啓司は徳山初・2015年12月唐津富士通フロンテック杯以来となる通算18回目の優勝

平和島・びわこ・鳴門の優勝戦


平和島報知杯“絶好調”選手権優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇東本勝利と捲り差す4号艇渡邉俊介による接戦になり、2M内先行した渡邉俊介が先頭抜け出し平和島初・通算5回目の優勝

びわこ日刊スポーツ新聞社杯争奪荒法師賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から07トップスタートの4号艇山下和彦がカド捲りを決め、内で粘る1号艇守田俊介(滋賀支部)を振り切って先頭抜け出し昨年7月の前回当地日本財団会長杯に続く通算62回目・びわこ5回目の優勝

鳴門阿波金剛ITソリューションカップ競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇三嶌誠司が差しを決めて先頭に立ち、通算63回目の優勝
 1M先行した1号艇石渡鉄兵が2着に入り、本日の優勝戦は3場全て1号艇が2着。

ファン感謝3Daysバトルトーナメント

 優勝賞金100万円の一般開催ながらメンバーはG2級のファン感謝3DaysBOATRACEバトルトーナメント特設サイト)は昨年の平和島が第1回で、第2回の今年は住之江開催。

 ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇松井繁(今節選手代表)が14トップスタートの速攻を決めて、住之江35回目・通算121回目の優勝
 5号艇峰竜太が1M捲り差しからの2M差しで2着に入り、バトルトーナメント2年連続2着。
3デイズバトルトーナメントポスター

3デイズバトルトーナメントバナー


江戸川日刊スポーツ杯優勝戦

 北西向かい風3m波高5cmで3周戦も潮回り悪化で安定板着用になった一戦は1号艇池永太が押し切り、江戸川初・通算21回目の優勝
 6号艇杉山正樹が1M捲りからの2M差しで2着に入り2連単2210円・3連単163で6510円の紐穴。

三国むつき第1戦優勝戦

 北西追い風8m波高4cmで安定板着用2周戦になった一戦は枠なり2vs4の進入から1号艇白井英治が3号艇桑島和宏の捲り差しを振り切って先頭に立つも、白井英治は2M入口で振り込み急失速。
 これにより、1M外マイ3番手から2Mを外を回った4号艇岡村仁を除く後続艇が不利を受けて、このうち6号艇篠田優也が責任外転覆。
 立て直した白井英治は岡村仁に舳先を掛けて並ぼうとするも振り切られ、2周1M先行して抜け出した岡村仁は三国3回目・通算14回目の優勝

津日本トーターカップ優勝戦

 125/346の進入から1号艇烏野賢太が13トップスタートの速攻を決めて、2015年11月丸亀Bカードメンバー大感謝祭日本トーター杯以来となる通算88回目の優勝
 尚、1周1Mで5号艇大嶋一也が差しを狙うも引き波にはまって振り込み選手責任転覆。

三河湾グランプリ改めサンクス蒲郡ボートウイング店CUP【幸哉来ん来ん】

 昨年までサンクス東海杯三河湾グランプリのレースタイトルだったサンクス蒲郡ボートウイング店CUP優勝戦は降っても降ってもまだ降り止まぬ雪の中発走し、枠なり2vs4の進入から1号艇原田幸哉が05トップスタートもターン大きく流れてズブズブに差され5着に終わり、2号艇河合佑樹が先頭に立ち蒲郡初・2015年9月三国オールやまと卒ヤングバトル以来となる通算8回目の優勝
 尚、2連単24は8710円・3連単245は40410円でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ