ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

宮島・若松・大村の優勝戦


宮島新東通信杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山本隆幸が押し切り、今年4回目・宮島では3連続Vとなる4回目・通算38回目の優勝

若松日本トーター杯MBP北九州MD開設11周年記念競走優勝戦

 12/5643の進入から節間6戦全勝の1号艇後藤正宗が押し切り、今年3回目・若松初・通算32回目の優勝にして完全V達成。

大村BTS松浦開設1周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇樋口亮(長崎支部)が21トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・大村10回目・通算33回目の優勝
 4号艇飯山晃三(今節選手代表)が1M差して2着に入り長崎支部ワンツー。

ヴィーナスシリーズ第6戦西スポ杯争奪芦屋カップ優勝戦

 ヴィーナスシリーズ第6戦西スポ杯争奪芦屋カップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇藤崎小百合(今節選手代表)が06トップスタートもターン流れてしまい、2号艇守屋美穂が差しを決めて先頭に立ち芦屋初・昨年10月児島G3オールレディース瀬戸の女王決定戦以来となる通算6回目の優勝

吉川昭男がびわこでオールニッポン選抜相手に完全V


びわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から節間10戦全勝の1号艇吉川昭男(滋賀支部)が押し切り、今年2回目・びわこ16回目・通算43回目の優勝にして自身初の完全V達成。

鳴門日本財団会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇杉山裕也が08トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・鳴門初・通算13回目の優勝

浜名湖G3・桐生・戸田・平和島・蒲郡・常滑の優勝戦


浜名湖中日新聞・中日スポーツG3企業杯中日カップ優勝戦

 3号艇堤昇(静岡支部)がインに入った316/245の進入から08トップスタートの2号艇山室展弘がカド捲りを決めての1M山室先制攻撃で先頭に立ち、昨年10月尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行63周年記念競走以来となる通算113回目の優勝

 ちなみに、浜名湖公式Facebookに表彰式インタビューのコメントが掲載されてます。

桐生新東通信杯MBP福島開場6周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松本勝也(68期3529)が押し切り、今年2回目・通算38回目の優勝
 2号艇柴田光(群馬支部68期3532)が1M差し順走からの2M差しで2着に入り68期ワンツー。

戸田サッポロビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇島田賢人(埼玉支部)が2号艇佐藤大騎の強捲りをこらえつつ4号艇佐藤大介の差しを2M行かせて捌ききりますが、2M外全速握った佐藤大騎が2艇を捲りきって一気に先頭に立ち、大阪支部108期4651佐藤大騎は2度目の優出にしてデビュー初優勝
 島田賢人は2周1Mターン流れるも2周2Mの差しから3周1M内先行で佐藤大介に競り勝ち、佐藤大ワンツーを阻止。

平和島サントリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06トップスタートの1号艇吉田一郎が2号艇野澤大二(今節選手代表)の差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・平和島初・通算41回目の優勝

蒲郡テレビ愛知杯争奪たなばた特別競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇福島勇樹が08トップスタートの速攻を決めて、蒲郡5回目・昨年6月中日スポーツ賞宮島決戦以来となる通算27回目の優勝

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇坂口周が押し切り、常滑2回目・昨年10月津榊原温泉神湯館いい湯で賞以来となる通算49回目の優勝

須藤博倫がG2江戸川634杯MB大賞で凜々と花開くV

 G2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は「東京支部vs全国選抜!」のサブタイトルで、東京支部2人と全国選抜4人が優出。

 優勝戦は南西追い風10m波高10cmの上げ潮という絶好の差し水面になりますが、04トップスタートの2号艇三嶌誠司は捲りに行き、大きく流れて後方。
 そして、1号艇須藤博倫は11スタートでやや後手だったものの捲りにつきあわず自分のターンをして先頭に立ち、博識と倫理の須藤博倫埼玉支部長は今年2回目・江戸川3回目・通算48回目の優勝

 1M2番差しの4号艇飯山泰(東京支部)が先差しの3号艇平尾崇典に届いての2M内先行で抜け出し、2周1M平尾崇典を行かせて捌き2着。
G2江戸川634杯表彰式


住之江G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇馬袋義則が押し切り、今年3回目・住之江初・通算45回目の優勝

下関サッポロビールカップ優勝戦

 124/356の進入から1号艇永田啓二が押し切り、5月の前回当地BOATBoyカップに続く今年3回目・下関3回目・通算13回目の優勝

児島・徳山・福岡の優勝戦


児島スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇益田啓司が捲り差しを決めて先頭に立ち、今年3回目・児島2回目・通算20回目の優勝

徳山日本トーター杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中村亮太が18トップスタートの速攻を決めて、大村と平和島からの3節連続となる今年5回目・徳山初・通算21回目の優勝

福岡カメリアライン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森永淳が11トップスタートも2号艇青木幸太郎(福岡支部)が差しを決めて先頭に立ち、青木幸太郎は今年2回目・福岡初・通算5回目の優勝

大村と唐津の優勝戦


大村富士通フロンテック杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇市川哲也が5号艇徳増秀樹の捲り差しを振り切って先頭に立ち、前走地G3マスターズリーグ第3戦常滑レジェンドカップに続く今年2回目・大村3回目・通算91回目の優勝

唐津サマーモーニングバトル〜ほぼ女子戦〜優勝戦

 女子4人と佐賀支部男子2人が優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太が押し切り、今年4回目・唐津では今年4月の前回日本財団会長杯GW特選に続く10回目・通算46回目の優勝
 ちなみに峰竜太は2日目12Rで通算1000勝を達成しました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ