ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

地区代表選抜バトルG2三国モーターボート大賞

 地区代表選抜バトルG2三国モーターボート大賞優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から05トップタイスタートの4号艇太田和美(近畿地区)がカド捲りを決めて先頭に立ち前走地G3企業杯INAX杯争奪とこなめ大賞に続く今年2回目・通算74回目の優勝
 コンマ18の一番遅いスタートだった3号艇深谷知博(東海地区)が05トップタイスタートだった5号艇重成一人(四国地区)の捲り差しを張り飛ばしながらの捲り差しを決めて2着。

福岡ルーキーシリーズ、シーナ豊2M外全速ロケットターンで福岡初V。


福岡ルーキーシリーズ第4戦植木通彦フェニックスカップ優勝戦

 12346/5の進入から2号艇権藤俊光31歳(115期4832)が差しを決めて先頭に立つも、1号艇椎名豊29歳(113期4787)が2M外全速博多めんたいシーナ&ザ・ロケッツターンで権藤俊光を捲りきって逆転先頭に立ち、福岡初・通算5回目の優勝

若松ビッグベアーズカップ優勝戦

 宅配ピザBIG BEAR'Sのタイトル戦は123/546の進入から09トップスタートの5号艇菅章哉がカド捲りを決めて先頭に立ち今年2回目・若松初・通算6回目の優勝
 菅章哉にカドを取られた4号艇伯母芳恒が捲り差しで続いて2着。

幸香感激!BR江戸川ITスタジアム第2弾関東日刊紙記者クラブ杯

 今月実施しているスマホアプリと本場イベントが連動したBOATRACE江戸川ITスタジアムの第2弾開催関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯は得点率制5日間開催で本日最終日。

 追い風7m波高25cmで2周戦になった優勝戦は1号艇佐竹恒彦が荒水面で大きく流れて行く中で冷静に差しを決めた2号艇齊藤優が先頭に立ち、江戸川初・2012年12月芦屋MBP日向オープン2周年記念以来となる通算5回目の優勝にして山口支部109期4670芦村幸香との結婚後初V。
 2番手争いは共に1M捲り差した4号艇宮西真昭と6号艇古結宏で接戦になるも2周1M差した古結宏が競り勝って2連単7350円3連単47820円。
 ということで、2006年9月唐津スポーツ報知杯以来約11年半ぶりの優出でデビュー初Vを目指した宮西真昭は2着争いに競り負けての3着でした。

 ちなみに今節は3日目の24日に112期4758富樫麗加と121期4998中村かなえが来場した東京支部選手イベントが開催されました。
 という事で下はその時の写真です。
富樫麗加・中村かなえイベント


芦屋BP勝山オープン24周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺浩司(福岡支部)が押し切り、芦屋では昨年7月の前回モーニング誕生祭オール福岡選抜戦に続く3回目・通算23回目の優勝

3月8日生まれの5号艇松井選手が1号艇今村選手を捲って優勝


平和島JESCOカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートの5号艇松井洪弥(1993年3月8日生まれ)が捲りを決め、内で粘る1号艇今村暢孝を退けて先頭に立ち昨年10月桐生東京中日スポーツ杯ルーキーシリーズに続く通算2回目の優勝

報知新聞創刊145周年記念びわこ巧者集結!びわこ王座決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇若林将が05トップスタートも、07スタートの2号艇松山将吾(滋賀支部)が強捲りを敢行して捲りきり、114期4828松山将吾は5度目の優出にしてデビュー初優勝

本日は4場で優勝戦


住之江ナイター開催6場対抗ペア対抗戦デイリースポーツ創刊70周年記念サザンカップ優勝戦

 群馬・福岡支部と愛知・大阪支部と香川・山口支部によるペア対抗戦の個人優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇杉山正樹(愛知支部)が押し切り、住之江初・通算26回目の優勝
 2号艇北村征嗣(大阪支部)が差し順走で2着に入り愛知・大阪支部ペアによるワンツー。

丸亀スプリングナイトレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇寺田千恵が押し切り、丸亀3回目・通算64回目の優勝

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から節間7戦全勝の1号艇塩田北斗が4号艇西村勝の捲り差しを振り切って先頭に立ち、前走地鳴門巧者決定戦競走に続く今年2回目・唐津初・通算6回目の優勝にして自身初の完全V達成。

大村トータリゼータエンジニアリングカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇榎幸司(今節選手代表)が3号艇柳生泰二の捲り差しを振り切って先頭に立ち、大村V6・通算10回目の優勝

津・桐生の優勝戦


津プライドラウンド第6戦BTS養老1周年3支部ガチ対決シリーズ優勝戦

 優出メンバー内訳は三重支部3人東京支部2人で群馬支部は1人だけでしたが、その群馬支部久田敏之はポールポジションの1号艇を獲得し、孤軍奮闘の久田敏之は枠なり3vs3のインから押し切って今年2回目・津5回目・通算20回目の優勝

桐生みどり市発足12周年記念市議会議長杯優勝戦

 ピット遅れからの回り込みで枠なり3vs3進入も深インになった1号艇石渡鉄兵ですが、13トップスタートの速攻戦で深インを克服して今年V3・桐生V6・通算66回目の優勝

春分の浜名湖SG総理大臣杯

 浜名湖SG総理大臣杯優勝戦 野々村香里・盒饗拌 祝、結婚記念競走特設サイト)はA2級の4号艇瓜生正義を含む6人全員がSGウィナー。
 そして枠なり3vs3の進入から2号艇井口佳典が2コース捲りの奇襲に出て、そのまま捲りきった井口佳典は前走地大村長崎新聞社杯に続く今年2回目・浜名湖では2012年5月SG笹川賞以来となる3回目・浜名湖笹川賞以来のSGV6となる通算66回目の優勝
 エースモーター47号機の3号艇岡崎恭裕は展開を読み違えての二段捲りになって届かず4着に終わり、瓜生正義が差して2着。

常滑ボートピア川崎開設記念競走優勝戦

 134/256の進入から14トップスタートの1号艇滝沢芳行に対し伸びで勝る2号艇下出卓矢が絞り込みに行くも滝沢芳行が艇を伸ばして1Mを先行。
 しかしターン膨れて5号艇河村了(愛知支部)の捲り差しが届きそうになりますが、滝沢芳行は辛くも振り切って先頭に立ち2016年7月尼崎日刊ゲンダイ杯以来となる通算58回目の優勝

児島G3企業杯シモデンカップ優勝戦

 126/345の進入から1号艇平田忠則が13トップスタートの速攻を決めて、児島2回目・通算67回目の優勝

徳山防長交通杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村上純が押し切り、徳山4回目・通算42回目の優勝

戸田男女W優勝戦最終日

 降雪による視界不良のため7R以降中止打ち切りになり、今節は優勝者なしに。
 ちなみに5Rまでに打ち切った場合は順延可能ですが、6Rまで成立すると順延は不可能になります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

キルトクールPeople





  • ライブドアブログ