ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大阪69期三羽烏野添貴裕が近畿地区選で19年ぶり2度目のG1V

 今年度はびわこ開催のG1近畿地区選手権競走優勝戦特設サイト)は枠なり2vs4の進入から1号艇石野貴之が04トップスタートもターン膨れて艇が浮き2号艇野添貴裕の差しが決まり、大阪支部69期三羽烏の一員3555野添貴裕は2016年11月芦屋MBP宮崎オープン2周年記念以来となる通算41回目の優勝にして1999年3月G1丸亀モーターボート大賞(当時MB大賞はG1)以来となるG1V2。
 石野貴之が2M4号艇木下翔太を行かせて捌き2着、木下翔太が2周2Mで3番手争いに競り勝ち3着に入り大阪支部ワンツースリー。

津ツッピーバレンタインカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇後藤孝義が15トップスタートもターン膨れて2号艇川添英正の差しが決まり、川添英正は2012年11月芦屋BOATBoyカップ以来となる通算29回目の優勝

蒲郡M1グランプリが2年ぶりに復活


蒲郡商工会議所会頭杯争奪三河湾グランプリ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森定晃史が13トップスタートも2号艇金子龍介の差しが届き、2M先行で抜け出した金龍は蒲郡4回目・通算52回目の優勝
 金龍は2006年10月に下関G1競帝王決定戦を優勝しており、競てい王がグランプリウィナーの称号も獲得しました。

 ちなみにM-1グランプリは昨年度サンクス蒲郡ボートウイング店CUPのレース名で今年度は一昨年1月のサンクス東海杯三河湾グランプリ以来となる2年ぶりの開催でしたが、M-1グランプリ復活は対岸にある外向ボートウイングに出店してたサンクス蒲郡ボートウイング店がファミリーマート蒲郡ボートウイング店になったのも関係あるかと思われます。

多摩川A2級vsB級戦報知新聞社賞青梅マラソン杯優勝戦

 全員A2級になった優勝戦は12346/5の進入から27トップスタートの5号艇長岡良也がメイチの単騎ガマシ大捲りを決めて先頭に立ち、多摩川初・2014年11月三国テレボートカップJLC杯以来となる通算5回目の優勝
 捲られた1号艇太田和美は2M内切り返しで2号艇権藤俊光に競り勝ち2着。

 ちなみに多摩川今節(選手代表:阿波勝哉)は東京支部SGウィナーで現B1の多摩川モイチこと長岡茂一が出場してましたが、(1555331)の成績で最終日選抜にも乗れず予選落ち。長岡選手新旧交代の一節になりました。

宮島東洋観光グループ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西川昌希が押し切り、宮島3回目・昨年4月三国うづき第1戦以来となる通算9回目の優勝

徳山山口新聞社杯争奪戦優勝戦

 枠なりオールスロー進入から2号艇秋元哲の差しが1号艇森野正弘(山口支部)に届き、2M先行で抜け出した秋元哲は徳山2回目・通算13回目の優勝

【なるちゃん】鳴門スカパー!JLC杯競走優勝戦

 鳴門スカパー!JLC杯競走優勝戦は1256/34の進入から2号艇中野次郎が捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・鳴門初・通算34回目の優勝なる〜。
 6号艇山室展弘が1M差して2着に入り2連単6270円3連単263は25490円なる〜。
新生なるちゃん

常滑東海地区選手権競走

 今年は常滑開催のG1東海地区選手権競走特設サイト)。

 愛知支部5人が優出した優勝戦はスタート展示で6号艇北川潤二(愛知支部)がインに入りましたが、本番は1号艇平本真之(愛知支部)が枠を主張して163/245の進入に。
 そして平本真之がきわどい踏み込みで先頭に立ちますが、溶けるほど…熱いスタート判定の結果平本真之は+01のフライング返還欠場。
 これにより1M外握って2番手の3号艇徳増秀樹が先頭に繰り上がり、静岡支部から唯一優出した徳増秀樹は今年2回目・常滑V6・通算77回目の優勝にして秀樹感激の地元浜名湖SG総理大臣杯出場権獲得。
溶けるほど…熱いレース


江戸川関東地区選手権

 今年は江戸川開催のG1関東地区選手権特設サイト)。

 優勝戦は1号艇金子拓矢が01トップスタートの速攻を決めて、金拓は江戸川初・通算V6にしてG1初優勝
 1M捲り差した5号艇齊藤仁(東京支部)が2番手、1M捲った3号艇中澤和志が3番手の体勢から中澤和志が2M内切り返して先行し接戦に持ち込みますが、齊藤仁が2周2M差しから3周1M内先行で中澤和志に競り勝ち2着。
ライバル激突!江戸川決戦!!


丸亀四国地区選手権競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇林美憲が10トップスタートの速攻を決めて、丸亀3回目・通算55回目の優勝

下関海響ドリームナイター初代優勝者谷村一哉がそれ以来の優勝

 全国24場で最も営業日数が少なくナイターもSG以外は前売すら売らない外向WINWINパーク戸田の開設記念WINWINパーク戸田カップ開設1周年記念優勝戦は枠なり2vs4の進入から1号艇谷村一哉が08トップスタートの速攻を決めて、戸田2回目・昨年4月下関海響ドリームナイターオープン記念スカパー!JLC杯以来となる通算31回目の優勝
 ちなみに全国24場で2番目に営業日数が少ない外向はレイクルびわこです。

児島・芦屋の優勝戦


児島日本トーター杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇出畑孝典と4号艇山一鉄也の捲り差しが入り、BS最内の山一鉄也が2Mを先行。
 1号艇大神康司が2M差し返して山一鉄也に舳先掛けようとしますが届かず、振り切った山一鉄也は通算47回目の優勝にして児島では昨年4月の前回スポーツニッポン杯からの連続V。
 2着大神康司、3着出畑孝典で福岡支部ワンツースリー。

芦屋ていゆうニュース杯争奪アダムスキーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇別府昌樹が押し切り、芦屋2回目・2016年9月常滑CBCラジオ朝PON杯以来となる通算28回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ