ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

王者松井繁桐生初優勝達成で全場Vと全場G1以上Vまであと2場

 桐生開設61周年記念G1赤城雷神杯優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から3号艇丸岡正典が11トップスタートでスリット覗くも1号艇市橋卓士が艇を伸ばして1Mを先行し、2号艇山崎郡が丸岡正典を張り飛ばしての差しで最初の勝負所各メンバー殺到。
 そして市橋卓士のターンは流れて4号艇松井繁の差しが届き、5号艇秋山直之(群馬支部)が山崎郡を叩ききっての捲り差しでBS松井繁の外側を併走。
 そして松井繁が2M秋山直之を張りながらのターンで先頭に立ち、今年3回目・G1以上V67となる通算123回目にして桐生初優勝

 ちなみに、ボート界のスーパースターにして絶対王者松井繁は今夜の桐生が22場目の優勝場にして、G1以上Vも22場目。
 全場Vへも全場G1以上Vへも残るは江戸川と徳山の2場になりました。
 更に、王者のG1Vは区切りのゴーゴーカレー松井55回目になりました。

芦屋ニッカン・コム杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義(今節選手代表)が押し切り、今年5回目・芦屋15回目・通算78回目の優勝
 4号艇井上恵一が1M→2Mと差して2着に入り福岡支部ワンツー。

越前三国ロールケーキSourire杯優勝戦

 パティスリースリールのタイトル戦を締めくくる越前三国ロールケーキSourire杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇吉田一郎が捲りを決めて先頭に立ち、今年4回目・通算43回目の優勝

戸田G3企業杯DMM.com杯優勝戦


戸田G3企業杯DMM.com杯優勝戦

 13/4256の進入から1号艇前本泰和が押し切り、今年5回目・戸田3回目・通算101回目の優勝

 ちなみに昨年度はDMM.comの1サービスの名を冠したDMM.yell杯として10月に開催されてましたが、今年度は毎年スポンサーが代わる戸田G3企業杯としてDMM.comの大元の名を冠した開催になりました。
DMM.comDMM.yellサムネイル公演DMM配信のサムネイル


尼崎餃子大好き大阪王将杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇北川敏弘が3号艇高野哲史(兵庫支部)の差しを締めて振り切るも、1M捲り流れた2号艇郷原章平が2M捲り差しを決めて北川敏弘を差し切り逆転先頭に立ち、今年3回目・尼崎2回目・通算23回目の優勝
 尚、高野哲史は2M郷原章平に捲られて5番手に下がり、更に2周1M振り込んで選手責任転覆。

大村前付王決定戦〜スマホマクールカップ〜優勝戦

 レース名通りに動きがあった145/236の進入から1号艇島田賢人が04トップスタートも深インのプレッシャーでターン大きく流れてしまい、今節の主役4号艇深川真二がコンマ20のどか遅れながらも2号艇三好勇人の捲り差しを張り飛ばしながらの差しを決めて先頭に立ち、今年V3・大村V6・通算80回目の優勝

平和島・浜名湖・宮島・下関・福岡・唐津の優勝戦


平和島日刊ゲンダイ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇荻野裕介(東京支部87期4085)が絞り捲りを敢行して、挟まれた3号艇福来剛(東京支部87期4095)が責任外転覆するアクシデントがありましたが、荻野裕介の捲りは大きく流れて5号艇赤羽克也の捲り差しが決まり、赤羽克也は昨年2月びわこ幸舟福運カップ以来となる通算2回目の優勝

浜名湖ボートピア玉川19周年記念Wave21杯優勝戦

 12356/4の進入から1号艇中村亮太が押し切り、今年V6・浜名湖初・通算22回目の優勝

宮島報知エキサイトカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中岡正彦が09トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・宮島2回目・通算63回目の優勝

ふく〜る下関オープン5周年記念山口シネマ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの4号艇安東幸治がカド捲りに行くも1号艇松田憲幸(今節選手代表)が張り飛ばして共倒れになり、2号艇赤岩善生が差しを決めて先頭に立ち今年5回目・下関では昨年8月の前回オラレ下関OP2周年マンスリーBOATRACE杯に続く5回目・通算84回目の優勝

福岡スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 枠なり4カド隊形ながら、前付け回り込み失敗の6号艇山田竜一がスロー起こしになった3vs2vs1の進入から1号艇前田将太(福岡支部)が押し切り、今年4回目・福岡では今年7月の前回県内選手選抜山笠特選レースに続くV6・通算16回目の優勝
 4号艇羽野直也(福岡支部)が1M差して2着に入り、福岡支部ワンツー。

唐津マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 15/2/346の進入から07トップスタートの3号艇浅見昌克が絞りに行くも2号艇松江秀徳(佐賀支部)が抵抗して張り飛ばしつつ捲り差しの体勢に入り、松江秀徳は内で粘る5号艇柴田光を振り切って先頭に立ち今年2回目・唐津5回目・通算22回目の優勝

みんな大好き!つるやサラダパン競走inびわこ

 滋賀県にあるつるやパンのタイトル戦だったびわこ今節を締めくくるつるやパン提供みんな大好き!サラダパン競走優勝戦は156/234の進入から1号艇村田敦が05トップスタートの速攻を決めて、びわこ初・昨年6月江戸川夕刊フジ杯以来となる通算6回目の優勝を飾って副賞のつるやパン詰め合わせとサラダパンTシャツを獲得
 ちなみに村田敦の優勝により、びわこでは3節連続で東京支部選手が優勝とのことです。

G3キリンカップ2017in江戸川

 G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRIN CUP優勝戦は1号艇佐々木裕美が11トップスタートの速攻を決めて、江戸川初・2012年4月若松G3女子リーグ戦競走第6戦ナイトプリンセスカップ以来となる通算6回目の優勝
 尚、緑の6号艇日高逸子は1M差し届かず4着でした。
日高屋のキリン一番搾り生ビール

三重県の津開設65周年記念G1つつじ賞はF0レーサーの魚谷智之が優勝

 津開設65周年記念競走G1つつじ賞王座決定戦特設サイト)のファイナル王座決定戦は絶対スロー進入主義の5号艇今村豊のみがF1レーサーで、残り5人がF-ZERO。
 そして枠なりオールスローの進入から1号艇魚谷智之が04トップスタートの速攻を決めて、今年V3・津では昨年12月の前回JPF杯ドッキドキツッピーメイトに続くV6・G1V11となる通算81回目の優勝にして2009年11月G1福岡チャンピオンカップ以来となるG1V。
 尚、6号艇白井英治が1M差しから2M艇を伸ばしての先行で2着に入り、2連単1280円2連複1410円3連単163で5200円と決して安物ではない配当に。

スポニチ杯争奪住之江選手権競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇北村征嗣(大阪支部)と捲り差す4号艇熊谷直樹による先頭争いになり、2Mは熊谷直樹が内先行しますが北村征嗣が差し返しに成功して先頭に立ち、北村征嗣は今年3回目・住之江では2002年7月のデビュー初V以来となる2回目・通算16回目の優勝

徳山新中央スタンドOPEN記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇柳生泰二(山口支部)がカド捲りを決めて先頭に立ち、徳山では2009年12月のデビュー初V以来となる2回目・昨年8月下関日本財団会長杯スマイルカップレースお盆特選以来となる通算10回目の優勝

若松ルーキーシリーズ第9戦植木通彦フェニックスカップ優勝戦

 16/2345の進入から2号艇白神優(110期4713)の差しが1号艇仲谷颯仁(福岡支部115期4848)に届き、2M内先行で抜け出した岡山支部白神優は7度目の優出にしてデビュー初優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ