ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

お盆特別斡旋開催を締めくくる江戸川・多摩川・丸亀・芦屋の4場


江戸川大江戸賞優勝戦

 オール東京支部開催の優勝戦は1号艇石渡鉄兵が07トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・江戸川18回目・通算62回目の優勝
 3号艇一瀬明が1M捲りからの2M差しで2着。

多摩川ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から差しを決めた2号艇永井彪也が2M内先行で1号艇飯山泰を突き放し、永井彪也は前走地江戸川G3企業杯アサヒビールカップに続く今年3回目・多摩川初・通算3回目の優勝

丸亀RNC杯争奪サマーチャンピオンレース優勝戦

 オール香川支部開催の優勝戦は123/465の進入から17トップスタートの4号艇深川和仁がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・丸亀2回目・通算3回目の優勝

芦屋九スポ杯争奪オール九州選抜戦優勝戦

 15/2346の進入から2号艇古澤光紀が01トップスタートで絞り込もうとするもアジャスト気味で伸びず09スタートの1号艇前田将太が先行体勢に入りますが、その上を全速03スタートの3号艇長尾京志郎が豪快に捲って行き、福岡支部107期4632長尾京志郎はデビュー初優出初優勝

大村お盆特選レース優勝戦

 レース名こそお盆特選レースですが実際は優勝賞金71万円の4日間一般斡旋開催で、広島支部のトップレーサーが下馬評通り優出した一方で少数参戦の長崎支部は優出0。

 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が17トップスタートもターン流れた上にBSでも伸びを欠き、3号艇辻栄蔵が捲り差しを決めて先頭、2号艇吉川善継が差して2番手。
 前本泰和は2M差し返し狙うも、1M遅れ差しから2M突進して妨害してきた6号艇末永祐輝に追突して後方になり、末永祐輝もバランスを崩して選手責任転覆。
 尚、辻栄蔵は前走地宮島スポーツニッポン杯に続く今年2回目・大村2回目・通算64回目の優勝

 ちなみに大村のお盆特別斡旋開催は12日が最終日だった前節の日本財団会長杯でした。

住之江・浜名湖のお盆オール地元支部開催優勝戦


住之江大阪ダービー摂河泉競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松井繁が押し切り、1月の当地ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメントに続く今年2回目・住之江36回目にしてオール大阪V22・通算122回目の優勝
 ちなみに王者はオール大阪V22ですが、意外にも摂河泉は今回が2003年1月以来となる2回目の優勝です。

浜名湖中日スポーツ後援湖西市長杯争奪戦黒潮杯優勝戦

 14235/6の進入から1号艇笠原亮が08トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・浜名湖V6・通算49回目の優勝

若松・下関・三国・津・常滑・戸田のお盆特別斡旋開催優勝戦


若松日刊スポーツ杯お盆特選競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡崎恭裕が4号艇小野生奈の捲りをブロックしながら1M先行するも5号艇塩田北斗の捲り差しが届き、両者併走の状態から2M両者握り合った結果外の岡崎恭裕は塩田北斗に張られて後方へ消え、塩田北斗自身も大きく流れる事に。
 そして、1M差し順走から2M内に切り返した2号艇仲谷颯仁がわずかに先頭も、すぐ外に塩田北斗、2M差して浮上した小野生奈も内から追走する接戦に。
 それでも仲谷颯仁が2周1Mを先行しますが、3番手ターンの塩田北斗が4番手の6号艇藤崎小百合を包んで回った際に艇がばたついて2番手ターンの小野生奈に内から接触し、結果的に推進力の付いた小野生奈の艇が先頭の仲谷颯仁に並ぶ展開に。
 そして、1周目と様相が一変した2周BSは小野生奈と仲谷颯仁で併走になり、2周2M内先行した小野生奈が先頭抜け出して前走地芦屋G1女子王座決定戦に続く今年2回目・若松初・通算10回目の優勝

 ちなみに正月・GW・盆の混合戦特別斡旋開催で女子選手が優勝したのは2004年5月平和島京浜急行社長杯濱村美鹿子以来とのことです。

下関日本トーター杯お盆特選優勝戦

 「慎ちゃん!お仕事ファイト!」の冠協賛タイトルがついた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明がターン流れながらも押し切り、今年2回目・下関V6・通算33回目の優勝

三国しぶき賞優勝戦

 15234/6の進入から1号艇青木玄太(滋賀支部)がコンマ29とスタート遅れてしまい、5号艇武田光史が捲りきった展開に乗って2号艇松田祐季が差しを決めて先頭に立ち、松田祐季は武田光史の2M差し返しを振り切って4月の当地やよい第2戦に続く今年3回目・三国12回目・通算24回目の優勝

津中京スポーツ・三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦優勝戦

 1536/24の進入から05トップスタートの1号艇井口佳典が2号艇新田雄史の捲り差しを振り切って先頭に立ち、今年4回目・津25回目・通算63回目の優勝
 3号艇東本勝利が1M捲り→2M差しからの2周1M新田雄史を張りながらの内先行で逆転2着。

常滑名鉄杯争奪2017納涼お盆レース優勝戦

 1265/34の進入から1号艇平本真之が5号艇河村了の捲りを張り飛ばして押し切り、前走地夏盛り!!三国観光産業社長杯に続く今年2回目・常滑5回目・通算21回目の優勝にして、初日5R6号艇2着以外全て1着の準完全V。

戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯優勝戦

 オール埼玉支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇須藤博倫(今節選手代表)がコンマ26とスタート遅れてしまい、2号艇金田諭が捲りきって先頭に立ち6月の当地競艇マクール杯に続く今年4回目・戸田8回目・通算29回目の優勝

びわこG3オールレディース関西スポーツ新聞5社杯争奪ビーナスちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇海野ゆかりが2号艇平高奈菜の差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・びわこ2回目・通算50回目の優勝
 ちなみにV50の中には2003年8月の宮島お盆特別斡旋開催スポニチ杯競走広島ダービーも含まれてます。

児島・徳山・福岡のお盆特別斡旋開催優勝戦


児島天領杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇岡村仁(大阪支部)がコンマ25のスタートドカ遅れになった展開を見逃さなかった3号艇平尾崇典が捲り差しを決めて先頭に立ち、5月の前回当地鷲羽杯に続く今年2回目・児島21回目・通算72回目の優勝

徳山黒神杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇寺田祥が押し切り、今年5回目・徳山では今年5月の前回BOATBoyカップに続く12回目・通算39回目の優勝

 尚、徳山開催は新中央スタンドオープン準備のため10月9日まで開催休止になります。

福岡お盆特選レース優勝戦

 1425/36の進入から3号艇里岡右貴が捲り差しを決めて1号艇白水勝也を捕らえきり、小回り残した4号艇宮地秀祈がBS内から艇を伸ばして2M先行するも里岡右貴が行かせて捌ききり、差し返し狙った白水勝也は引き波にはまって失速後退し、先頭抜け出した里岡右貴は福岡2回目・昨年7月浜名湖スポーツ報知ビクトリーカップ以来となる通算8回目の優勝

桐生・蒲郡・尼崎・鳴門のお盆特別斡旋開催優勝戦


桐生報知新聞社杯お盆レース優勝戦

 埼玉支部小山勉が群馬支部5人相手に1号艇でしたが、4号艇江口晃生が早々に回り込んで小山勉が抵抗した結果内2艇が深めになった14/2/356の進入になり、2艇共にスタート後手を踏む結果に。
 そして、11トップスタートの2号艇久田敏之が捲りきるも流れてしまい3号艇秋山直之の捲り差しが届き、両者併走も2M秋山直之が久田敏之を張り飛ばして久田敏之は3番手に後退し、秋山直之は前走地唐津オラレ呼子開設11周年記念に続く今年2回目・桐生11回目・通算54回目の優勝

蒲郡日刊スポーツ杯争奪納涼しぶきお盆特別選抜戦優勝戦

 126/345の進入から1号艇岩瀬裕亮が1M先行して先頭に立つも、判定の結果+04のフライング返還欠場。
 これにより、コンマ01で生き残った2号艇池田雄祐が1M差し順走から3号艇今泉和則の捲り差しを内でこらえきり、6号艇西川昌希(三重支部)の2番差しを振り切って2Mを先行し、2Mでは4号艇池田浩二の外全速戦を受け止めつつ今泉和則の差しを振り切って先頭に立ち、池田雄祐は昨年5月戸田一般競走以来となる通算2回目の優勝

尼崎日本財団会長杯争奪オール兵庫王座決定戦優勝戦

 オール兵庫支部開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇魚谷智之が03トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・尼崎29回目・通算80回目の優勝にしてオール兵庫王座3連覇。

鳴門渦王杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇林美憲が2号艇泰英悟(大阪支部)に差されて舳先ねじ込まれるも振り切って先頭に立ち、鳴門10回目・通算54回目の優勝にして渦王杯競走連覇。

平和島お盆開催で前田太尊が大外捲りからの2M差しを決めて優勝

 平和島のお盆特別斡旋開催を締めくくるデイリースポーツサマーカップ優勝戦は東京支部4人と遠征選手2人による争いになり、15/2346の進入から大外09トップスタート大捲りの6号艇前田光昭(埼玉支部)と内で踏ん張る1号艇齊藤仁による併走状態から2Mは齊藤仁が内先行するも前田光昭が齊藤仁を差し切って先頭に立ち、前田光昭は平和島2回目・2015年10月多摩川Over40チャンピオン決定戦ホットマンカップ以来となる通算22回目の優勝
ろくでなしBLUES前田太尊マエダ・タイソン

唐津と大村のお盆特別斡旋開催優勝戦


唐津佐賀新聞社杯お盆特選優勝戦

 5号艇深川真二がインに入った5/14/236の進入から深イン真二はコンマ25とスタート遅れて1号艇三井所尊春に捲られるも三井所尊春の捲りは大きく流れてしまい、小回り残した深川真二が3号艇北岡淳の差しを振り切って先頭に立ち今年2回目・唐津22回目・通算79回目の優勝

大村日本財団会長杯優勝戦

 お盆特別斡旋開催優勝賞金150万+日本財団会長賞50万円の優勝賞金200万円を懸けた一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇真庭明志が08トップスタートの速攻を決めて、デビュー初V水面の大村では2回目・通算7回目の優勝

 ちなみに大村次節は15日からお盆特選レースですが、こちらは他支部選手中心の一般斡旋開催です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ